不動産投資と暮らしの情報サイト

【現役サラリーマン大家が語る!Vol.16】雪だるまと不動産投資

182 views 2017.2.2
【現役サラリーマン大家が語る!Vol.16】雪だるまと不動産投資
投資には様々な種類があり、不動産投資はその様々な投資の中の1つになります。
いくら流行っているとは言っても、株式投資やFX投資と比べ不動産投資経験者は少ないため、正しい情報が伝わらず不動産投資に対して間違った認識を持った方もいらっしゃいますのが事実です。

そんな間違った認識を正すことを目的に、雪だるまと不動産投資のお話をしたいと思います。
目次

1.不動産投資は儲からない

2.雪だるまの最初の大きさ及び大きくなるスピードは人それぞれ

3.転がしていくことが出来れば着実に大きくなっていく

1.不動産投資は儲からない

不動産投資は儲からない
まず前提としてですが、不動産投資は株式投資やFX投資と異なり、一攫千金というのはまずあり得ません。

株式やFX投資のように、1日で数十%価格が上がるなんてことは不動産ではあり得ません。これは逆に言えば、1日でそこまで大幅に価格が下がることもないということであり、不動産の価格は相対的に安定しています。

もちろん、長期的に5年や10年保有してそれなりの売却益を得た方もいらっしゃいます。しかし、将来上がるか下がるか分からない相場に頼るよりも、目の前の毎月入金される家賃収入を安定させ、毎年の不動産所得を安定させるということに集中した方が、確実ですし、その方が結果的に将来の売却価格が上がる可能性が高くなります。

従って、不動産投資は一攫千金を狙うのではなく、コツコツ収益を上げていく投資という認識を持っていただければと思います。

2.雪だるまの最初の大きさ及び大きくなるスピードは人それぞれ

雪だるまを作るためには、雪の団子を作りそれを転がしていくことによって雪の塊を大きくしていく必要があります。そして、最終的に雪だるまが完成していきます。

不動産投資の規模拡大はこの雪だるま完成までの過程に似ています。

最初の現金保有額が大きいと最初の雪団子が大きくなります。
最初の雪団子が大きければ、それだけ転がした時に地面と接する面積が大きくなるわけで、大きくなるスピードは上がります。

つまり、最初の現金保有額が大きいと規模拡大をするにあたって優位になることが出来ます。

しかし、転がすスピードは人それぞれであり、最初の雪団子が小さかったとしても転がすスピードが早ければ最終的に雪だるまがより早く完成することもあります。

この雪だるまを転がすスピードはサラリーマンとしての給与収入です。
不動産投資自体で儲かっている収入は小さかったとしても、サラリーマンとしての給与収入が多く、それをしっかり貯金できる体質が整っていれば、ゴールに早くたどり着けるということもあり得ます。

雪だるまはある一定の大きさに達すると自ら転がり、勝手に大きくなっていきます。
この規模は人それぞれによって異なるのですが、私の中での基準は1か月の手残りキャッシュフローが50万円を超えたラインという認識です。

例えば、不動産投資開始初期の頃は1か月の手残りキャッシュフローがたった1万円しかなかった場合、次の不動産を取得するための資金のほぼ100%はサラリーマン収入の貯蓄から持ってくるしかありません。

しかし、1か月の手残りキャッシュフローが50万円を超えてくると、サラリーマン収入は生活費に使い、不動産所得には全く手を付けないという状態であれば、1年で600万円もの貯金をすることが出来ます。この貯蓄金額を繰り上げ返済に回して財務体質を改善するのもありですし、次の不動産取得のための頭金として貯蓄するのもありです。

しかし、この50万円のラインまで持っていくには相応の時間がかかります。
サラリーマン収入の大小にもよりますが、イメージ月々の手残りキャッシュフローを1万円→5万円に持っていく方が、45万円→50万円に持っていくよりも断然時間がかかります。

従い、特に初期の頃は我慢をする必要がある投資だということを覚えておいて下さい。

3.転がしていくことが出来れば着実に大きくなっていく

と、ここまでは不動産投資における悪い側面を申し上げましたが、もちろん良いこともあります。それは、貯蓄を着実に行い、不動産をコツコツ増やしていけば着実にキャッシュフローは積み上がっていくということです。株式やFXでは、コツコツ貯蓄をしていったお金が一瞬で消えることさえあり得るのを考えると堅実な投資だと考えます。

雪ダルマも同じように、転がしていけばどんなに遅いスピードであっても大きくはなっていきます。しかし、転がすことを諦めると最初の雪団子は大きくなっていきません。

世の中には不動産投資家としての成功本が多く出回っています。しかし、著者の知識レベルや収入規模は人それぞれであり、彼らの著書の内容が全ての投資家に言えるということはあり得ません。自分にあてはまる情報は何か?ということを考えながら読み進めていく必要があります。

やるべきことを行い、しっかり貯蓄すべき金額をしていけばどんなに時間をかかろうとも不動産から得られるキャッシュは増えていきますので、周りの意見は参考にすべきところは参考にして、自分のペースで着実に雪だるまを完成させる意識を持つようにしましょう。
中林 準

ライター中林 準

中林 準の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!