不動産投資と暮らしの情報サイト

見せる?隠す?押入れ収納のアイディア!

659 views 2015.12.3

b587a0ebca63ca4791fbc363e52bb2bd_m
和風住宅特有の収納である押入れですが、畳のある和室にあることから畳のサイズを基本に作られている二段構造の収納であり、洋風のクローゼットに比べると奥行きがあるのが特徴です。
こういったことから布団やシーズン外の洋服などをしまって置く場所というイメージが強いのではないでしょうか。
またふすまを開け閉めして物を出し入れすることから、あまりお洒落には見えずせっかくお部屋のインテリアなどを洋風にしても押入れがあるだけで台無しになってしまうと感じることもあります。
そこで押入れを使ったお洒落な収納アイディアで素敵なお部屋作りをしてみてはいかがでしょうか。

隠し方でガラッと変わる押入れ!

まずは和風のイメージが強いふすまのリメイクです。
昭和の感じが漂うふすまを思い切ってリメイクすることで雰囲気を変えることができるのです。
ふすまにリメイクシートを貼り付けて雰囲気を変えてみましょう。
リメイクシートはホームセンターや100均で購入することができ、タイル調や木目調はもちろんのことお部屋の雰囲気に合わせて壁紙の様に選ぶことができるので押入れによってお部屋の雰囲気を壊されることがなくなるのではないでしょうか。
またふすまに固執せずに思い切ってふすまを外して、代わりにカーテンを取り付けるのもお勧めです。
カーテンをつけることで押入れ自体を軽い印象にすることができるので、ふすまをリメイクするのが難しい場合などにはカーテンに変えてみましょう。
子ども部屋の場合には可愛らしい柄やビビットな色のカーテンにしてみたりすることでお部屋のテイストに馴染ませることが出来たり、白いカーテンをつけると清潔感が出てお部屋も広く見えるなどのメリットがあります。
またカーテンをつける時にカーテンを束ねるタッセルなどもこだわるとさらに素敵なお部屋作りができるのではないでしょうか。

見せる収納なら収納グッズにこだわる!

9052

出典: projectnursery.com

押入れの存在感を大きくしているのはふすまであり、このふすまを取り払うことでお部屋全体の雰囲気を変えることができるのですが、ただ単にふすまを取り払っただけでは押入れの中が見えてしまいます。
そこで押入れに利用する収納グッズにこだわってみましょう。
押入れに利用する収納グッズの代表的なものがプラスティックの衣装ケースや引き出しボックスではないでしょうか。
ですがこれらの収納グッズは比較的安価な金額で手に入ることや収納自体が軽いことからとても便利なものですが、そのまま見える所に置いてしまうと、どうしても生活感が出てしまいがちです。
そこでこれらの収納グッズは中に目隠しを入れることで洋服などの中身が見えることなく、さらにこの目隠しの柄や色を同じにすると統一感が出るので、これによって見せる収納が実現するのです。
この他にはカゴを利用したり、無印良品やIKEAなどのボックスなどで統一したりすることでシンプルにスッキリと見せることができるようになります。
どの収納グッズを使うかお部屋のテイストなどに合わせて選んでみましょう。

オープンスペースにする!

収納をする為の場所として押入れは存在しているのですが、この収納するスペースという概念をなくしてオープンスペースにすることでもお部屋の雰囲気をガラリと変えることができます。
押入れの高さを利用してデスクにしてみたり、下の段を活用してソファスペースを作ってみたり、奥行きがあるのでベッドとして利用する方法もあります。
また少々大掛かりなリフォームになってしまいますが押入れの中に仕切りをつけるなどして、陶器や植物などを置くことで押入れだったとは思えないほど雰囲気を変えることができるのです。

このようにお部屋の雰囲気を壊してしまう押入れも収納の見せ方や使い方によってお部屋全体の雰囲気を変えることができるので、頭を悩ませている押入れをじっくりと観察して押入れ改革をしてみてはいかがでしょうか。

坂田 可奈子

ライター坂田 可奈子

坂田 可奈子の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!