不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資家が保守的になるタイミング【現役サラリーマン大家が語る!Vol.19】

345 views 2017.2.23
不動産投資家が保守的になるタイミング【現役サラリーマン大家が語る!Vol.19】
私が不動産投資を始めたのは25歳の時でしたが、その当時は熱く夢を語っている友達が多くいました。不動産投資家の仲間も例外ではなく、将来は大きな一棟マンションを所有したいですとか、飲食店経営をしたいといったことを熱く語っていました。

しかし、それから月日が流れ30歳を過ぎた今、周りの環境や状況が変わり、その当時の勢いがなくなってきている仲間が多くいます。つまり周りの全体的な流れが保守的に変わりつつある今日この頃なのですが、不動産投資家が保守的に切り替わりやすいタイミングと将来の規模拡大について私見を述べさせていただきたいと思います。
目次

1.保守的になるのは間違いなく結婚のタイミング

2.配偶者のスタンスが大きな影響を及ぼす

3.独身の時に基盤を作っておく

1.保守的になるのは間違いなく結婚のタイミング

まず、保守的に切り替わるタイミングは結婚のタイミングであることは間違いありません。
その当人は幸せだと思うので、結婚するのがいけないという話ではなく、独身だった時と比べ、失敗した時のリスクの方を考えてしまう傾向が強くなる仲間が多くいます。

例えば、上述の不動産投資仲間では、1棟マンション投資に向けて準備を進めていたのに、奥さんにこれ以上の投資は危ないから、せめて今のローンを半分にしてからというお告げを受け、停滞してしまった人もいます。

また、結婚を機に奥さんが仕事を辞めたことによって、貯金がしづらくなってしまい、次の物件の購入資金を貯めるスピードが格段に落ち、昔の熱く語っていた将来の飲食店経営の話が全くでなくなった人もいます。

私自身まだ独身ですが、周りのこういった変わり方を見ていると、結婚するタイミングと結婚する相手には気を付けなければと思う次第です。とは言っても、全てを選べる話ではないのが難しいところなんですけどね。

2.配偶者のスタンスが大きな影響を及ぼす

配偶者のスタンスが大きな影響を及ぼす
逆に、結婚を機に歩みを強めている仲間も少数ながらいるのは事実です。
そういった仲間は奥さんがある程度の年収を確立していて、かつ、不動産投資に対して理解を持ってくれているという人が多いです。

また、配偶者への説明も人によって異なります。

例えば、不動産投資をやっているということしか伝えずに具体的な既存ローンの金額や将来の計画等の話は伝えないという仲間もいます。

また、既存ローンの金額から、将来の計画等の具体的な話を全て奥さんに説明する仲間もいます。

具体的に説明したからと言って、絶対に協力を得られるかどうかは確証できませんが、少なくとも具体的に伝えなければ協力を得られることは難しいと思います。

実際に、結婚を機に歩みを強めた仲間は、お付き合いしていたときから既に不動産投資のことは具体的な金額とともに話をしており、入居者募集の時も一緒に頑張ってくれたりするそうです。そんな奥さんがいれば百人力ですね。

ということで、結婚を機に保守的になる不動産投資家は多いものの、必ずしもそうなるわけではなく、そこは配偶者の不動産投資へのスタンスも大きく影響してくることを忘れずにして下さい。

私自身は、一生を共にする相手であればしっかり具体的に説明すべきだと思っています。
その時に納得させる説明ができるくらいの知識は持っておきたいものです。

3.独身の時に基盤を作っておく

とはいうものの、女性は安定を求める生き物です。
何も実績がないことに対して信用できないと考える女性が多いのは間違いありません。

であるなら、独身のうちにある程度の基盤を作っておき、将来の配偶者の方に上手くいっていることを証明できるレベルにしておくことが、結婚して過度な保守的になることを防ぐことにつながると私は考えています。

また、子供ができると更に時間はなくなります。
独身であれば、週末の時間を入居者募集に使ったり、不動産屋回りに使ったりと自由にできていたのが、完全に自由という話ではなくなってしまう方が多いと思います。

なので、今独身で時間がある方は今の時間の使い方がいつまでもできると思わず、将来、より効率的な賃貸経営をできる基盤を作る時間と捉えて、より少ない時間でより効率的な経営ができる仕組みづくりをするようにしましょう。

電話一本でリフォームの見積もりを格安でしてくれるネットワーク、何も伝えなくても良い不動産を紹介してくれる不動産屋とのネットワーク等、これらは構築するまでは時間がかかりますが、一旦構築すれば必ず効率的な賃貸経営に寄与してくれます。

将来時間がなくなるということを考えて、今の時間を大切に使うようにしましょう。
中林 準

ライター中林 準

中林 準の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!