不動産投資と暮らしの情報サイト

資金運用を出来るだけ法人名義で行うことの有利性とは?

160 views 2015.12.3

9cfe63c857fa01b764ca338c4d3d9aa4_m

法人ってそもそも何?

この社会は個人の集合体によって構成されていますが、それを一般的に自然人と呼ぶことがあります。
しかし、権利自体が特定の自然人に属している場合は良いですが、組織など複数の自然人で構成される団体に権利が属する場合もあるでしょう。

法人は自然人の集まりだけでなく特定の自然人だけで構成されることも可能でして、個人よりも財務管理上様々な優遇措置が取られることになります。
そのため、一般的にビジネスや資金管理を行う場合は法人として運営することが自然に多くなると言えるでしょう。

日本の社会は個人に厳しい!

一般的に日本は個人に厳しい社会性を持っていまして、税金なども法人は優遇されますが個人資産に対しては給与を含めて非常に高い税率が課されます。
つまり、日本はお金を持っているところから予算を捻出するのではなく、お金の無い個人から等しく税金を徴収することで国の予算を維持させている実態を持っている訳です。

そのため、個人でどんなにお金を稼いでそれを運営しても、効率的な運営がなされにくい仕組みになっていると言わざるを得ません。
現在の日本はこの傾向が政治によって年々顕著になっていて、資金を持つ者はどんどん利益を得て行きますが資金の無い個人はいつまで経っても貯まらないと言う悪循環に陥っています。

融資を受けやすい

a149a63382174802f1964b955a2f9b17_m
法人で資金を運営する場合は個人と異なって大きなメリットがありまして、それは金融機関から融資を受けやすいと言うことがあるでしょう。
法人にもそれぞれ異なる事業目的がありますので全ての法人で融資が受けやすい訳ではありませんが、事業計画をきちんと出すことで個人よりも融資が圧倒的に有利になるのは明らかです。

融資を受けた法人は一層利益を生み出しやすくなりますので、一定の財産が無ければ融資が受けにくい個人の実情を考慮すれば法人で資金管理をすることを選ばない理由はありません。

課税の仕組みの根本的な違い!

aee88a7b58ec5b4a8fddc5bffa11b007_m
法人が個人よりも資金運用に有利な点と言えば、まず抜本的に課税に仕組みが異なることにあります。
ここは法人経営に詳しくない方になれば理解しにくい部分なのですが、個人の場合は所得を得るたびに所得税や消費税が課税されるでしょう。

しかし、法人として売り上げなどを受け取れば、個人と同じ所得として見做されても税金はその都度掛かることはありません。
つまり、法人の場合はその時の所得と支出を合算した分に対して最終的に税金を納めればよいので、個人よりもはるかに高い節税効果を享受できると言う訳です。
そして、これが経営者1人で運営している法人になりますと、同じ業務を個人で行うよりも桁違いの資金運用が可能になります。

資金運用もビジネスとして捉えられる!

実は投資家の中には投資の税金対策をそもそもの目的として、法人設立をなされている方もいます。
先述のように法人は総合課税の適用を受けますので、利益と経費が年間で通算できる大きなメリットを持っているのです。
つまり、資金運営自体を1つのビジネスとして捉えることができるようになるでしょう。

法人の場合は年度末に決算書の提出や一定割合の法人税を提出しなければならないものの、個人で投資利益を同じ額生み出すよりも手取り額が大きくなって行くのが大きなメリットなのです。
資金運用で非常に大事なことは利益が出た分に対して、如何に少なく税金を支払うかと言うことにこだわらなければなりません。
そして、それこそが法人名義で運用を行うことの大きな意義と言えます。

資金獲得の機会も増える!

日本のビジネス文化はどうしても法人主体で行うのが流れでして、法人化している事業体においてはたとえ同じ業種・規模であっても個人事業主よりも信用力がかなり違います。
それは、法人の場合は年度末に複式簿記を使って決算書を提出しなければならないからです。
これにより、決算書の提出の必要のない個人よりは社会的信用力も非常に高く、トータルで言えばビジネスチャンスが非常に多くなると言えるでしょう。

そのため、法人として活動しているだけで資金獲得の機会も増大して行きますので、節税効果だけでなくて収入自体も得られやすい環境を持つことができます。
ビジネスと言うのは機会を掴むと更に新しい機会が巡り巡るようになりまして、これが法人としての発展に大きく繋がって行くことでしょう。
よって、資金運用をする場合は極力法人設立を心がけてください。

田中 隆二

ライター田中 隆二

田中 隆二の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!