不動産投資と暮らしの情報サイト

集合住宅でも簡単!気軽にできるガーデニング

282 views 2015.12.3

狭いベランダでもガーデニングは可能

自分はベランダが狭い集合住宅に住んでいるから、ガーデニングはできないと諦めている人も多いでしょう。
しかし、狭いベランダでもガーデニングを行うことは十分に可能です。
そもそもガーデニングというのは、広い庭を使って大々的に行うだけではなく、ほんの少しだけ印象を変えるという方法もあるのです。
例えばベランダで植物を育てる、おしゃれな飾りつけをするというだけでもガーデニングだと言えるでしょう。
そんな中で最も多くなっているガーデニングの方法は、植物をベランダで育てることです。

狭いベランダで育てる植物を選ぶ

c1fd0b1ede9644f84aeb7e5c832238bd_m
ガーデニングと言えば、やはり園芸は欠かせませんので、植物を購入してプランターを使って育てているという人も多いでしょう。
ただし、重要なのはどのような植物を選ぶのかという点と、集合住宅ではエアコンの室外機や洗濯機をベランダに置いているという人も多いですし、洗濯物を干すのにも使用しています。
よって普段の生活を邪魔しないような植物を選ぶことや、日当たりなどを考えて選ぶ必要もあります。
集合住宅のベランダは、南向きで日の光がしっかりと当たるように作られている場合もあれば、全く日の光が当たらないような北向きになっていることもあるでしょう。
ベランダの方向と日当たり、普段生活をしていく上で邪魔にならないような植物を選択することからまずは始めないといけません。

植物を置くスペースが狭い場合

ベランダがかなり狭く、洗濯機や室外機、アンテナなども設置してあり、植物を置くスペースが殆どないという場合には、小さめの植物を選ぶとよいでしょう。
しかし、小さめの植物をぽつんと置くだけではさみしいという人もいると思います。
そんなときには小さな鉢でもよく育ち、蔓でどんどん伸びていく植物を育てるとよいでしょう。
蔓がどんどん伸びていくので、ベランダに沿って蔓が伸びていくような植物であれば、狭いスペースでも緑が豊かなベランダになりますし、多少外へはみ出しても鉢が落下する心配もありません。
ただし、隣の家や下の家まで伸びてしまわないように注意しましょう。

日が当たらないベランダの場合

0998d663d6504231355d3eb04f26d230_m
植物を育てるのに重要なことは、やはり日当たりなのですが、北向きになっているベランダでは1日中日の光が当たらないということもあります。
そんなベランダでも植物を育てることが可能なのかというと、植物の中には日の光が当たらなくても成長する種類があります。
このような日の光が当たらなくても育ちやすい植物を購入すれば、ベランダが北向きであっても植物栽培が可能です。
もしくは造花を使用するという方法もありますが、造花であってもきれいで満足の行く飾りつけができれば、それは立派なガーデニングだと言えるでしょう。

ベランダで凝ったガーデニングを行う

b2783006471e03dbcce215b87816e387_m
集合住宅でも比較的スペースの広いベランダが設けられている場合もあるのですが、このような場合にはかなり凝ったガーデニングが可能になります。
もちろん定番の植物を育てるという方法も欠かせませんが、ベランダに椅子を置いてくつろげるようにしておくという方法もあります。
他にもベランダの床にウッドパネルを敷くという方法や、芝生を敷き詰めるという方法もあるのですが、このような方法でガーデニングを楽しんでいる人もたくさんいます。
ウッドパネルや芝生を敷き詰めるという方法は、ベランダがある程度狭くても十分可能です。
植物の置き方もいろいろと工夫すれば、見た目が随分と変わります。
ただ地面に置くだけではなく、台を作ってその上に置くという方法や、高いところから吊るすという方法可能ですが落下しないように注意しましょう。
民芸品などを植物と一緒に置くという人もたくさんいます。

田辺 昭義

ライター田辺 昭義

田辺 昭義の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!