不動産投資と暮らしの情報サイト

【現役サラリーマン大家が語る!Vol.21】不動産投資において刺激しあえる仲間の重要性

オススメ
321 views 2017.3.6
【現役サラリーマン大家が語る!Vol.21】不動産投資において刺激しあえる仲間の重要性
脳ある鷹は爪を隠すという言葉は皆さんご存知かと思います。
不動産投資においてもそれと同じことが言えます。

少なくともいえることは、サラリーマンとして大家を続けるのであれば、出来る限り周りの人間には自分が不動産投資家であるということは言いふらさない方が良いということです。

仮に、言いふらした相手が、不動産投資を行っているということを良しとしない人だった場合、その情報が会社に知れ渡り最悪解雇ということもあるかもしれません。そんなリスクは背負うべきではないので、誰にも言わないというのが賢明な判断なわけです。

とは言っても、誰かと不動産投資について話をしたり、時には相談をしたいということもあるかと思います。そんな時に不動産投資家の仲間がいると大変心強くなるわけですが、本日はそんな不動産投資家が不動産投資に与える影響についてお話したいと思います。
目次

1.不動産投資家は孤独

2.ライバルがいた方が成長が早い

3.一人の情報よりも、三人の情報

1.不動産投資家は孤独

不動産投資家は基本孤独です。

通常の業務的にも自分が所有している不動産の管理のみを行っていれば経営できてしまいますし、不動産購入や売買にしても、自分で考えて動いて購入するという流れの中で、他人と深く接することなく、1人で完結してしまいます。

ということで仲間を作りたいと思うようになる訳ですが、最近では不動産投資家の絶対数は増えてきたものの、割合にするとそこまで高くなく、周りで探すことは困難です。また、会社の同僚等に不動産投資家であることを告白するのもリスクがあることなので、なかなかできません。

そんな中、不動産投資家としての活動に孤独を感じている方は多くいます。

しかし、今は不動産投資家の集まりがそこら中で開催されています。
満室経営新聞での集会であったり、○○大家の会といった定期的に行われている集会にお金を支払えば参加することが可能です。

従って、環境は整ってきているので自分次第でいくらでも仲間を作れるという状況に今はなりつつあります。

2.ライバルがいた方が成長が早い

何でもそうですが、負けたくないと思えるライバルがいる方が人間は成長できます。

ただ、この「成長」を間違ってとらえて欲しくないとも思います。
「成長」を「規模拡大」と捉えてしまうと、無理してローンを引いても、購入した不動産が収益性が低いものであっても、成長したことになってしまいます。

しかし、それでは本末転倒になるので、「成長」を「知識や経験の蓄積」と捉えていただければと思います。

不動産投資は非常に長いビジネスです。
満室経営の時は、入金チェックぐらいしかやることがないのですが、そういった空き時間であったり、実際に入居者募集や物件探しに励んでいる時にも常に目的意識を持って、収益性向上の為に知識や経験を高めていこうという意識で出来る人が意外と少ないのです。

そこで、例えば懇意にしている不動産投資仲間は、自分にはない知識を持っていたり、経験をしていたりすると、負けたくないという気持ちになり、自分自身も成長しようという気持ちが1人で不動産投資をする場合と比べ高くなります。

私自身も、もう5年以上の付き合いになる不動産投資仲間が数人います。それぞれの資産状況であったり、職業の属性は異なりますが、自分にない考え方や知識を持っていると、なるほどと思う反面、悔しくなる時もあります。

部活動の時ほど熱いライバル心は芽生えないかもしれませんが、それでも1人だけで歩むより刺激を受けることが多いと私は思います。

その刺激のおかげで私はここまで成長できているとはっきり言えます。

3.一人の情報よりも、三人の情報

一人の情報よりも、三人の情報
そして、なんといっても情報をもらえるのが大きいです。

例えば、滞納の話ですが、私自身はこの5年間で滞納されたことはありません。
しかし、周りの不動産投資仲間で半年以上滞納された方もいます。

彼の入居者選定~実際に滞納されるまでの流れを聞いて、私も家賃保証会社は必須にしましたし、入居者の属性は厳しく見るようになりました。

リフォームにしても、私が使っている業者より安い業者があるという情報を得たら、まず試しています。試してみて実際にその業者に切り替えたという例もあります。

飲み会の費用や時間をケチるということで、お金では買えないこういった情報を放棄するのは非常にもったいないことだと思います。しかも、不動産について熱く語ることができるので、純粋に楽しい時間です。

私の人生は不動産投資を始めたことによって明らかに豊かになりました。
それは経済的な面が豊かになったというのもありますが、それに加え、何か同じ方向に向かって歩んでいる人とそれについて語り合える時間が出来たことです。

人生、目標なしになんとなくで生きている人がたくさんいます。それゆえ、本当の仲間を得られない人が多くいます。

不動産投資を始めたら、情報を得るためにも、また人生をより豊かにするためにも、是非積極的に仲間を作ってほしいと思います。
中林 準

ライター中林 準

中林 準の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!