不動産投資と暮らしの情報サイト

上手に預金を運用するための意外なコツとは?

116 views 2015.12.3

物の整理をしてみる!

cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_m
自分の預金を上手く運用できる方の大きな特徴とは、そもそも預金を構築しやすい点にあるでしょう。
つまり、お金の運用方法が下手な方ほどお金が貯まらないと言うことになる訳です。
このような傾向にある方がまず如何に上手に預金を作り上げて行くかを考えて行きますと、やはり現在所有している無駄な資産をすべて処分してしまうことが適切でしょう。

預金を上手く運用して行くためにまず必要なのは、代価として支払った購入物が将来に渡って付加価値を生み続けるものでなければなりません。
そのため、純粋な消費財は必要最低限に留めることが極めて重要でして、価値のあるうちにそれらを現金化して黙っていては減価してしまう資産を減らすことから始めてください。

普通預金より定期預金

預金の運用に関して、多くの方は何かに投資して一気に利鞘を稼ぐようなイメージを持っている方も多いはずです。
しかし、それはある程度預金ができてからでないと効率良く行かないものです。
まずは身近な方法で蓄財して行くことを学びましょう。
それが銀行口座に預金することになります。

そんなこと今でもやっているよって言う方も多いでしょう。
しかし、ここで重要なのは普通預金ではなくて定期預金を活用することです。
昔は定期預金も非常に高い金利が期待できたものですが、最近では普通預金より若干高い金利が期待できる程度になります。
それでもこの定期預金に預けるメリットはお金を引き出せないと言うことでして、解約しなければ自然に蓄財できるために気付かないうちに預金が形成されるでしょう。

貴金属を購入してみる!

2b58ba39ddc37ef3e8db0184c5a4ba7c_m
ある程度まとまった預金を使って巧みに運用する方法として、意外に日本人が行っていないのが貴金属を購入して資産価値を高める方法になります。
貴金属と言って宝石やジュエリーを買うと言う意味ではなく、ここで言う貴金属は金・プラチナになるでしょう。
特に金は埋蔵量が限られていることもあって銀よりも桁違いに価格が高くなるのですが、減愛は新興国の経済発展で成金族が増えて来たことによって相場がここ10年で急上昇しています。

そのため、将来的に金の在庫を奪い合う状況になることを考慮すれば、現金を継続的に金に交換して長期保有することも堅実な資産形成の手段として大きく役に立ちます。
もちろん、1グラムあたり数千円という非常に高い相場になりますが、底値を見極めると比較的安定して利鞘を積み上げることも可能です。

外貨投資を選んでみる!

e080599df6c82d4df71bd0f2ad64ddec_m
日本の銀行口座に預金を入れていても基本的に利子はほとんど付きません。
定期預金を使って例えば1億円を預金した場合に年間で10万円から20万円ほどの利子が付きますが、基本的に最初から億単位の資産があれば苦労はしないものです。
そこで、外国の銀行な等に外貨預金をするなどの外貨投資を行うことも非常に良いでしょう。

例えば資源国で有名なオーストラリアですと、以前よりも金利が低いと言ってもおおよそ2%程度の政策金利水準は維持しています。
オーストラリアの金融機関単位の預金金利になると、定期預金1年物で0.33%程度・2年物で0.55%程度になるでしょう。
3年物になると0.60%程度になりますので、着実に更新して行くことでかなりの利子が期待できます。

外国債の運用!

日本に住んでいるとあまりに低成長にて、どうやって預金を増やそうかと非常に頭を悩ませることもあります。
この場合は外国債を購入して運用すると言う方法もあるでしょう。
外国債の場合はGDP成長率の非常に高い新興国や開発途上国の場合は桁違いの金利が期待できるのです。

為替レートの関係で元本割れする恐れはあるものの、政情が比較的安定している国家を選ぶことでそのリスクを大きく回避することができるでしょう。
外国債は日本の証券会社でも手軽に購入が可能となっていますが、手数料や税金などを考慮して金融商品をセレクトして行かなければなりません。

複数の投資信託を選ぶのも賢い!

自身の預金を運用するだけのノウハウが無いと言う方は、信託銀行などのプロの運用集団に依頼することも可能です。
これがまさに投資信託と言えるでしょう。
しかし、特定の金融機関や特定の銘柄にこだわり過ぎますと万が一の時に元本割れを生じさせて行きます。

これにより、金融機関を分けて信託したり、銘柄タイプ(メーカー・エネルギー・不動産など)によって信託分野をわけたりすることも非常に重要となるでしょう。
これであれば、すべての資金を信託ミスで全てオジャンにしてしまうことはありません。

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!