不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資って種類があるの?自己投資も考えて慎重に決めよう!

176 views 2015.12.3

利益を得るということを目的にして、不動産の投資をすることを不動産投資といいます。
一般的にはアパートやマンションを購入して、人に貸すことで得る家賃収入などを連想しますが、それ以外にも安いときに購入して、物価が値上がりした際に売却するなどの方法もあります。
不動産投資に関して様々な種類がありますので、どういったものがあるのかを知った上で、自分にはどんな方法が合っているのか判断することが大切です。

新築マンションの投資と運用

76f5074ce504fbf109bf97f57297ce57_m
不動産投資の中でも始めやすく利益を得やすいのが新築マンションへの投資となります。
新築マンションとは言っても一棟ではなく、一室購入して賃貸マンションで家賃収入を得るという方法です。
立地などを事前に調べておけば、入居者もすぐに見つかりやすいのが新築マンションのメリットになります。
自己資金が不安だと思っている方も、多少の頭金だけ用意しておけば、それ以降は家賃収入でほとんど完済することができます。
また、マンションの価値にもよりますが物件評価が高いマンションの場合は、自己投資もほとんどない状態で始められることがあります。
さらに評価が高いほど空室保障がつくことがありますので、空室時のローンの支払いの心配もする必要がなくなります。

戸建てとマンション一棟の投資と運用

a9df6b0ba8648e4a48ccab43548e5bc7_m
多額の資金や土地を所有していれば、戸建てやマンション一棟を購入して利益を得るという不動産投資もあります。
また、こういった大きな投資の場合は経験であったり、知識が必要になりますのでここから始めるということは避けることをオススメします。
利点や欠点も他の不動産投資とは異なるものもありますので、十分に理解した上で取り組むことが大切です。
一戸建てはファミリー層に人気が高いですし、入れ替わりが頻繁に行われないので安定していますが、ほとんど木造建築になりますので老朽化に気をつける必要があります。
また、マンション一棟に比べると少額投資が可能になるということもメリットになります。
マンション一棟の場合は部屋数が多いので空室があっても、その分を他で補えるためにリスクはすくなくなります。
ただ、多くの部屋を所有するために管理などが非常に大変ですので運営が難しいことがデメリットの一つです。
もちろん、部屋数が多いのでそれだけ利益の幅も高まりますが、かかる費用も非常に高くなります。
また、価格が大きいので簡単に売るということも難しく、リフォームする際の修繕費用もかなり高額になりますので、取り組む前にその点についてまず考えることが大切です。

中古マンションの投資と運用

d3a31646188586c8b13d7f3331097fb3_m
新築マンションと中古マンションでの投資は大きく異なります。
投資資金やリスクなどの違いもありますし、中古ですので当たりもあれば、はずれもあります。
中古マンションの場合は事前に細かく物件の確認をすることが一番大事なことです。
例えばですが、破産者の競売物件などが紛れ込んでいることもあるので初心者には危険がともないます。
そして、中古マンションの場合、入居中の人も知る必要がありますが、理由としては暴力団関係者であったり、宗教関係者であると、資産価値が下がることが多々あります。
分譲マンションであっても、一棟にする場合でもしっかりと調べておくことをオススメします。
また、建築された時期によって保障内容なども大きく変わってきます。
投資資金を低くしようとバブル前後のマンションを選んだりすると、保証期間が2年間の上に、現在の基準で考えると欠陥物件になる可能性があります。
建設された年代によって、法律が異なりますので、建築された年代やそれの年代の法律などにも目を通するとリスク回避できます。
もちろん、中古マンションの中でも非常に利回りのいい物件がありますので下調べをしっかりした上で判断することをオススメします。

このように、不動産投資や運用に関しては一括りにするのではなく建物によって方法は異なります。
費用も高額ですので、簡単に決めるのではなく事前に細かく調べた上でどの建物に投資するかを決めてください。
また、専門家に話を聞くことも必要ですが全て頼るということは避けて、出来るだけ自分の目で確認することが大切です。

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!