不動産投資と暮らしの情報サイト

まずはこれから!不動産投資の初心者がするべきこと

142 views 2015.12.3

最初に不動産投資でやるべきことを確認しよう

41c9488f688118a99c0f8489b4da52b6_m
誰でも新しいことを始める時は、何から手を付けて良いのか迷ってしまうでしょう。
しかし、心配することはありません。
不動産のための学校に行かなくても、投資するのに必要なことを学ぶことはできます。
基本的なことを理解した後は、ひたすら実地で経験を積むことです。

手持ちの資金と自分の将来を確認する

07c6d5207d524bb5042cd4add4071612_m
最初にすることは、現在の状態を確認することと、将来どのようになりたいかを決めることです。
手持ちの資金の量に応じて投資方法は違いますし、現在の仕事の種類によって、不動産投資に費やすことができる時間も異なります。
投資できる資金と、自由にできる時間を、はっきりと把握するようにしましょう。
そして、不動産投資を通じて将来どのようになりたいのかも、明確に決めることも大切です。
毎月どの位の利益を得たいのか、それをいつまでに実現したいのかをできるだけ具体的にしましょう。

条件に合った物件を探す

手持ちの資金と利用可能なローンの額から、購入可能な物件の価格が決まります。
購入可能な物件の中で、空室リスクが少なくて利益を上げやすい物件を、探さなくてはなりません。
インターネットの不動産情報サイトを使えば、さまざまな条件を設定して希望する物件を探すことができます。
この物件探しが、不動産投資では極めて重要になりますので、納得する物件が見付かるまで、諦めずに何度でも探すようにしましょう。
不動産情報サイトに掲載されている物件は、順次更新されて行きますので、定期的に訪れるようにしましょう。
住んでいる地域の不動産情報誌や不動産屋から、有益な情報を得ることも大切です。
そのような限定された人しか入手できない情報こそ、投資で成功するために欠かせないものです。

現地で物件を確認する

3ea0b04982c0eb6f30c379de719ad400_m
購入したい物件が見付かりましたら、実際に物件を見に行きます。
不動産情報サイトには、物件の写真・間取り・周囲の地図が掲載されていますが、実際に行って確認してみないと、その物件のことは良く分かりません。
最寄りの駅から歩いて着くまでの時間を測かったり、近くの道路の車の交通量や人通りの多さなども確認しましょう。
建物の様子を間近でみたり、物件の室内を見学したりすることも大切です。
分からないことがあったら、物件を管理している業者に分かるまで説明してもらうようにしましょう。
確認した内容は必ず記録にとり、写真などに撮っておくと良いでしょう。
それらの記録は、今後の不動産投資において重要な財産となります。
事前に調べておいた内容と現地で調査内容から、購入して良いかどうかを検討します。

購入手続きについて確認する

調べた物件を購入しても良いと思ったら、実際に購入するための手続きを確認します。
購入するために必要となる金額、物件の販売先、ローンを利用する金融機関について、登記をするための一連の手続きなどを、紙に書き出します。
紙に書き出しておけば、実際に物件を購入する時に、迷わずに手続きを行えるでしょう。
折角の見付けた優良物件を、手続きの期限に遅れたり手続きを間違ったことによって、購入できなくなるのを防がなくてはなりません。

購入した後のことを考える

物件を購入した後のことも、良く考えておかなくてはなりません。
どの不動産屋に依頼して借りる人を見付けてもらうか、物件のメンテナンスはどうするか、税務署への申告はどうするかなどを具体的に検討します。
不動産投資の初心者にとっては、面倒くさいことかもしれませんが、一度しっかりと考えておけば次からは楽になります。
実際に不動産投資に関係する人に連絡をすることで、本当に投資をするんだという実感が湧いてくることでしょう。

三田 照正

ライター三田 照正

三田 照正の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ビジネスのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!