不動産投資と暮らしの情報サイト

まずは自己資金を貯めよう!無理なくできる節約術!

オススメ 初心者向け
172 views 2017.4.3
まずは自己資金を貯めよう!無理なくできる節約術!
不動産投資を始めようと思ったら、まずあったほうがいいもの。それは自己資金です。
特に私のような決して属性が良いとはいえない主婦は、融資が組みづらいので現金があった方が有利です。

お金は貯めたいけれども、おしゃれもしたい、美味しいものも食べに行きたいと思っていたOL独身時代は週末はアルバイト、普段は節約と資産運用をしながらショッピングも楽しみ、素敵なお店でお食事を堪能しておりました。
それでもお金がどんどん減っていく訳ではなく、しっかりと貯めることもできました。

ここでは、そんな私が実際に行ってきた節約術をはじめ上手なお買い物の仕方や、小額からできる資産運用をご紹介していきます。
目次

1.金券ショップの活用

2.ギフトカードと全国百貨店共通商品券の併用でさらにお得に

3.元デパート店員が伝授!上手なポイント活用法

4.食費は冷凍保存で無理なく浮かす

5.財形貯蓄

5-1.財形住宅融資

6.純金積み立て

7.最近気になる投資

8.お金が貯まる思考

1.金券ショップの活用

私は、節約しつつも、欲しいものは欲しいというわがままな性格。でもダイエットと同じで我慢しすぎた結果リバウンドしてしまうという話はよくあること。それは、お金を貯めるという意味でも同じことが言えると思います。
食欲も物欲も満たしながら上手にお金を貯めていけたらいいですよね。そこで、少しでもお得にお買い物する為に、私は金券ショップの活用していました。私がよくやっていたことは、欲しいものを見つけてから金券ショップへ行くという方法。デパートの近くには必ずといっていいほど金券ショップが存在します。そこで、ギフトカードや全国百貨店共通商品券を購入してからお買い物すると少しお得です。

2.ギフトカードと全国百貨店共通商品券の併用でさらにお得に

クレジットカード会社から発行されているギフトカード(JCB・UC・VISAなど)は、現金への換金率が高いです。でも欠点は、おつりが出ないということ。

そこで私は全国百貨店共通商品券と併用して使っていました。全国百貨店共通商品券だとおつりが出ます。(デパートによっては併用ができない所もあると思いますので使用前にご確認下さい)ですので端数分だけ百貨店共通券で支払います。

例えば、8000円+消費税=8,640円の商品を購入するとします
クレジット会社発行のギフトカード1000円券8枚=8,000円
全国百貨店共通商品券1000円券1枚=1,000円
おつりは360円です。

3.元デパート店員が伝授!上手なポイント活用法

私が勤めていたデパートでは、金券を使って購入してもポイントカードのポイントが貯まります。一番お得なポイント活用術は、ポイントUPデーに購入すること。
また、このデパートではお誕生日月に買い物をすると1日200ポイントがもらえます。その月中ですと何度でものそのポイントがもらえるのです。

例えば誕生日月に毎日そのデパートで買い物すると200円×30日=6000円貯まります。
税抜1000円以上の購入でポイントが付きます。
1000円×30日=30000円
ポイントは6000ポイントなので還元率は6000円÷30000円=0.2 
すなわち還元率は20%になります。
但し、ポイントのために必要のないものまで購入すると節約にはつながりませんのでご注意を。 クラブオン・ミレニアムカード

4.食費は冷凍保存で無理なく浮かす

食費は冷凍保存で無理なく浮かす
独身OL時代とにかく将来が不安だった私は、節約をしてお金を貯めてきました。一人暮らしをしていたため自炊すると逆に食材が余ってしまい節約には繋がりません。
そこで、私がやっていたことは、一人暮らしなのに、あえてまとめ買いをするのです。そして、それを冷凍保存するのです。食材によっては冷凍することが難しいものはありますが、ほうれん草やにんじんなどの野菜なら、大量に茹でて冷凍します。お肉もあえてお得なファミリーパックを購入し1人分づつを小分けにして冷凍していました。お肉は塩麹に漬け込んでから冷凍しておけば、食材が柔らかくなり、解凍して焼くだけで美味しいおかずになるのでオススメです。ご飯も多めに炊いて冷凍です。ご飯は炊飯器で約17時間保温にしたままにしておくと、なんと一回のご飯を炊くときと同じだけの電気代を消費するそうです。
スーパーに行く回数も重要です。日替わりの目玉商品を狙って買い物に行くとお目当ての商品以外にも余計なものをついつい買ってしまって節約の意味がありません。できれば特売日に1週間分の食料をまとめ買いしておきましょう。

5.財形貯蓄

あなたがもし会社員だったら、お給料から天引されて毎月コツコツ貯蓄ができる財形貯蓄がおすすめです。
私も新社会人になった当初、優秀な総務部の先輩に勧められ、この財形貯蓄を始めました。月々いくら貯蓄するかは本人で決めることができます。私は毎月2万円貯蓄することにしました。新入社員の安い給料の中から毎月2万円を貯蓄に回すのは、正直厳しいところはありましたが、最初に天引きされてしまうので、あとは残ったお金でなんとかやりくりしていました。
この会社は後々経営が傾き、私は勤続5年ほどでリストラを受けたのでしたが、月々2万円づつ天引きされていた財形貯蓄はその頃120万円程になっており、退職金とこの財形貯蓄を合わせるとまとまった金額が手に入ったので大変助かりました。知らないうちに自然と貯まっているのは嬉しいですね!

あとで知ったのですが、財形貯蓄をしていて一定の条件を満たせば住宅ローンを有利に借りることができるそうです。マイホーム購入予定がある方にもオススメです。

5-1.財形住宅融資

財形住宅融資とは
・返済の開始から終了までの全期間、5年ごとに適用金利を見直す5年固定金利制です。

財形住宅融資をご利用いただくためには
・ご自分で所有及び居住するための住宅を建設、購入又はリフォームする方
・一般財形貯蓄・財形年金貯蓄・財形住宅貯蓄のいずれかを1年以上続け、申込日前2年以内に財形貯蓄の預け入れを行い、かつ、申込日における残高が50万円以上ある方
・勤務先から住宅手当・利子補給・社内融資などの援助(負担軽減措置)が受けられる方
で、あることなどが必要です。

財形住宅融資

6.純金積み立て

もう一つ、私が毎月コツコツやっているのは純金積み立てです。
毎月純金3000円分、プラチナ3000円分を積み立てております。こちらも毎月一定額が銀行口座から引き落としされるので、知らない間に貯まっているのが嬉しいです。もう一つ女性にとって嬉しいある特典があります。

それは年数回行われるジュエリーフェアに優先的に参加できるということです。ここでジュエリーを購入する際は、毎月コツコツ貯めてきた積立から購入することもできます。そして何と言っても嬉しい特典が来場者には来場記念として無料でペンダントトップがもらえるのです。
お友達と一緒に参加するとおその友達にも同様のものがもらえます。 三菱ジュエリーコレクションMJC

7.最近気になる投資

私が最近気になっている投資は「ひふみ投信」です。この投信を知ったきっかけは不動産投資に興味を持って私のところにご相談に来られた主婦からの情報でした。「何か投資をされていますか?」との質問に対して彼女がおっしゃったのがこのひふみ投信。この間たまたまひふみ投信がテレビでやっていました。そこの社長さんがとてもユニークな方だったのです。その社長さんの想いが素敵だなあと思って、このひふみ投信をはじめてみたのですが、順調に増えていますよ。と嬉しそうにおっしゃってました。それを聞いて私は早速ひふみ投信について調べたのです。 おっしゃる通り、丸い眼鏡をかけた見た目にユニークな社長さん。その社長さんのメッセージを拝見すると、何もないところから投資信託の会社に入り業績を伸ばされたそうです。それが認められ世界大手の電子機器販売会社の創業者から内弟子にならないかという信じられないほど嬉しいオファーがあったにもかかわらず、それを断り「日本で良い運用会社を立ち上げ、理想の国民的な投資信託を作りたい」と仲間と一緒に会社を立ち上げたそうです。 私も、何の知識もない普通の主婦から一念発起し、大家業をはじめたという経緯があって、おこがましいですが親近感が湧きました。 ひふみ投信は、「買付時」と「解約時」の手数料は無料だったり、投資する会社を訪問できる社会科見学があったりと、お客様思いの素敵な会社だなと思いました。不動産投資以外の投資の一つとして検討したいと思える投資でした。 ひふみ投信

8.お金が貯まる思考

いかがでしたか?
節約することに執着しすぎて、どうしても欲しいものまで我慢するのは体によくないことです。そういう時は我慢せずに買っていいと私は思います。 ただし、何でもすぐに買ってしまうのはよくないことです。
私がよくやっていたことは、欲しいものがあったら3日間考えてみてそれでも欲しければ買っていました。そのほか自己投資を含め、投資に対するお金や人に感謝の気持ちとして支払うお金は惜しみなく払うようにしています。
そして投資においては無理なリスクを取らないことを心がけています。ドルコスト平均法をご存知でしょうか。相場が下がっても上がっても同じ金額だけ毎月投資し続ける手法です。これを不動産投資に置き換えると、私の場合は、大きく借金をして1棟もののマンションを購入するのではなく、地方の古い戸建てや区分マンションを安いものが出た時に購入し、あまりコストをかけず再生して入居者を探します。そして、ある程度家賃で投資額を回収できた頃に売却する。これを繰り返していくことで自然とお金を貯まっていきます。
つまり、無理なく、地道にコツコツやっていくことが自己資金を貯めるコツと言えますね。
舛添菜穂子

アンバサダー舛添菜穂子

舛添菜穂子の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

人気記事ランキング

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!