不動産投資と暮らしの情報サイト

知らないと取り返しのつかないことに?不動産投資の良い所と注意点

134 views 2015.12.3

不動産投資をする前に、良い所と注意すべき所を確認しておきましょう

働かなくても、毎月一定のお金が入ってくる不動産投資。
まるで、夢のような話ですが、実際に不動産投資で生計を立てている人もいますので、本当の話です。
事前に不動産投資の良い所と注意点を理解して、毎月不労所得を得られるようにがんばりましょう。

不動産投資の良い所:時間の制約を受けない

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_m
不動産投資は、自分のペースで行えるのが、最大のメリットでしょう。
新しい物件を探すのは、空いた時間でインターネットを使って出来ますし、持っている物件の管理は専門の業者に任せれば良いのです。
基本的には、収益をあげられる物件を探して購入するまでが、労力を使う所となるでしょう。
そのため、昼間仕事をしているサラリーマンでも、不動産で収入を得ることが可能です。
時間的な制約を受けないため、物件を増やすことも容易ですから、どんどん投資の規模を大きくすることができます。
そして、最終的にサラリーマンの収入を上回るような収益を、不動産投資から得ることができるのです。

不動産投資の良い所:レバレッジを利用できる

5b402ce2e2a42684ab6cbaef6f38fe3b_m
ローンを利用して投資用の物件を購入すれば、手持ちの資金がなくても不動産投資を行うことができます。
つまり、あまりお金を持っていない人でも、不動産投資を始めることができるのです。
利益を上げられる物件さえ見つければ、誰にでも不動産で一定の収入を得られるチャンスがあるということです。
優良な物件を所有すれば、すぐに次のローンを利用できるようになりますから、また新しい物件を購入できるでしょう。
多額の資金がないと開始できない投資が多い中で、レバレッジを利用すればそれほど資金を必要としない不動産投資は、大変に魅力的な投資方法と言えるでしょう。

不動産投資の良い所:必要な支出が経費として認められる

bb88f32e47960401bc523ad883726785_m
不動産投資においては、さまざまなものが経費として認められています。
建物の購入費用から。
毎年少しずつ減価償却費という名目で、納税する時に控除することができます。
減価償却費とは、高額の資産を購入した時の費用を、何年もかけて少しずつ費用とすることを認めるものです。
その他にも、不動産賃貸業を営む上で必要であれば、建物の修繕費・接待費・交通費なども経費として申告することが可能です。
最終的に利益を上げるためには、税制を有利に利用することは不可欠となります。
不動産投資は、税金の面から見ても、すぐれた投資方法の一つなのです。

不動産投資の注意点:利益を上げにくい物件がある

不労所得が得られる不動産所得ですが、いくつか注意しないといけないことがあります。
最も注意しなくてはならないことは、利益を上げやすい物件ばかりではないということです。
不動産投資を始めたばかりの頃は、動かせる資金も少ないために、とにかく安い物件に目が行きやすいのですが、最寄の駅から遠かったり、築年数が古かったりと、安い物件にはそれなりの理由があります。
そのような物件はあまり人が入居したがらないため、空室のリスクがあります。
販売価格も重要な検討項目ですが、空室のリスクの少ない物件を購入することが重要です。

不動産投資の注意点:不動産は現金化しにくい

不動産は売ろうと思っても、すぐには売れないということに注意をしましょう。
預金や株式などであれば、その日に現金化することも可能ですが、不動産の場合はそのような訳に行きません。
魅力的な物件であれば、すぐに買い手が見付かるかもしれませんが、売却するのを急いでしまうと、相手のいいように買い叩かれてしまいます。
何らかの事情があって、持っている物件を売却する時も、時間に余裕を持って臨まなくてはなりません。

三田 照正

ライター三田 照正

三田 照正の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!