不動産投資と暮らしの情報サイト

エターナル株式会社主催「カードゲームで学ぶ資産運用!これゲーム?現実?」【初心者向け・不動産投資】

PR オススメ 初心者向け
239 views 2017.5.25
エターナル株式会社主催「カードゲームで学ぶ資産運用!これゲーム?現実?」【初心者向け・不動産投資】
エターナル株式会社主催の「カードゲームで学ぶ資産運用!これゲーム?現実?」に参加しました。資産運用を疑似体験できるカードゲーム「フォーチュンマップ」を利用して、複数人で自分の資産を競います。投資未経験者がテーブルを囲い、笑いながら、時には驚きながらマネーゲームを楽しみました。

投資の基礎を肌感覚で習得できたことは、今後、実際に不動産投資をする際に大きな武器になると思います。詳細は以下のレポートをご覧ください。
目次

1.主催会社について

2.セミナーの概要

3.セミナーのポイント

4.セミナーの内容

5.セミナーで学んだこと

1.主催会社について

主催会社について
「カードゲームで学ぶ資産運用!これゲーム?現実?」を主催したエターナル株式会社は、名古屋の区分ワンルームマンション投資を提案している不動産会社です。
主催会社:エターナル株式会社
設立:2015年4月
所在地:東京都世田谷区駒沢4-12-22 ティファーレ駒沢3階 エターナル株式会社

2.セミナーの概要

セミナーの概要
■開催日:2017年4月30日(日)
■セミナースケジュール
14時~16時半 フォーチュンマップ カードゲーム
■所要時間:2時間30分
■定員:15人
■講師:なし(男女スタッフ2名が指導)
■開催場所:エターナル社セミナールーム(東京都世田谷区太子堂2-14-3 シャルムイシクラ9階)

3.セミナーのポイント

セミナーのポイント
エターナル株式会社主催セミナー「カードゲームで学ぶ資産運用!これゲーム?現実?」に私が興味を持ったポイントは以下の2つです。

◆POINT1
カードゲームを通して投資の疑似体験ができるということです。自分で始めない限り体験できない不動産投資を仮想世界の中で経験できれば、少なからず投資の肌感覚が身につきます。この「フォーチュンマップ」というカードゲームは、一部の企業でしか取り扱っていないイベント。希少価値の高い経験だと思いました。

◆POINT2
債券、株式、為替、資源など、数ある資産投資の中で、不動産投資の位置づけを把握できるのもポイントです。仮想世界の中で発表される経済ニュースが、どの国のどんな投資に影響を及ぼすのかがわかります。「債券は地政学リスクに敏感に反応するけど、不動産への影響は限定的」といったことがわかるようになります。

4.セミナーの内容

セミナーの内容
私含めて4人でプレイしました。エターナル社のセミナールームには、4人掛けのテーブルに、目の前には解説用のスクリーンとプロジェクターがあるのみです。少人数でまったり行うスタイルのようです。今回は同社の男女スタッフ2人の説明のもと、ゲームを開始しました。

 そもそも「フォーチュンマップ」ゲームの「フォーチュン」にはどのような意味があるのでしょうか。これは、「Fortune」という綴りで、「財産、資産、運命」という意味があります。カードゲームだからと侮ることなかれ、こちらの予想以上にリアリティのある内容になっています。

最初に与えられる100万円を元手に、カードゲーム上で下記5種類の中から選んで投資を実行していきます。

・生命保険運用
・債券(東南アジア、中国、米国、南米、ユーロ、日本)
・株式(中国株、米国株、日本株、東欧株、アフリカ株)
・資源取引(食料、鉱物、エネルギー、金)
・不動産(東南アジア、中国、米国、南米、日本)

意外と種類が多いことがわかります。そして、各投資商品には、それぞれ独自の利回りと購入単価が付けられています。これらを購入するためにローンを組めるところも、またリアリティがあると感じられます。

 全体のイメージとしては、ゲーム開始冒頭に各プレーヤーが「人生の目標」を提示された2種類から選びます。各々がそれを達成できるよう、仮想世界の中で与えられる「15年」という時間内に、目標の資産額を達成し、理想の人生を築き上げていきます。

 提示される2種類の「人生の目標」は、不動産投資を志す人にとってきちんと夢のある設定になっています。一つが「ビリオネア」。15年以内に、資産1億円を目指します。もうひとつの選択肢が、「お金からの解放」。億万長者……とまではいかなくても、15年以内に5,000万円の資産を形成することに加え、結婚し、子どもを二人以上生み、マイホームを持つことがクリアの条件として課せられます。(ちなみに私が選んだのは「お金からの解放」です)

 資産の増やし方、家庭の築き方に関しては、自分に回ってくるターンごとに、「ニュース」「イベント」「リザルト」という3種類のカードからどれか一枚をめくり、その中身に応じて自分の15年の投資が左右されていきます。

◎「ニュース」カードには何がある?
「採掘技術の停滞」「極東アジアの政治不安」「シベリア開発」などの国際経済ニュースです。例えば、「採掘技術の停滞」のニュースを引いたら、テーブルにいる各プレーヤーはそのニュースをヒントに、結果を予測しながら投資を実行していきます。

◎「イベント」カードには何がある?
「結婚」「出産」「転職」「大災害」「事故」などです。結婚すると、パートナーができて、その人の世帯年収が増えます。大災害カードを引けば、マイホームが取り上げられ、手元の資金300万円が没収されます。それに備えて損害保険に入ることもできます。

◎「リザルト」カードには何がある?
「リザルト」カードとは、前述の「ニュース」カードに対する結果を提示するものです。例えば、「採掘技術の停滞」というニュースに対して、リザルトカードには「採掘技術の頓挫」などがあります。政治的な反対で採掘技術(石油代替資源)の進展が損座すると、エネルギー資源に希少価値が生まれ、価格が高騰します。この時点でエネルギー資源に投資していたプレーヤーは得をするわけです。

 読み上げられるニュースに対して、各プレーヤーは非常に頭を使って行動します。そのニュースが、どんな投資活動に影響を与えるのかを、経験のない中で必死に考えるからです。たとえゲームの中でも、皆さん緊張感を持って取り組まれているかを感じました。

 一番焦るのは、どんどん投資を実行していかないと、総資産が増えていかないこと。1年経過するごとに、刻一刻と迫ってくる時間を意識するようになります。どんなリスクが発生するかわからない中で、自分の考えで試行錯誤を繰り返していきました。怖気ついて投資に控え目だったプレーヤーは、総資産額もそれなりの額になり、他プレーヤーとの距離がどんどん広がっていきました。

 これを15年分繰り返しました。4人で15年分をプレイすると、およそ2時間かかります。あっという間の2時間で、終わった頃には皆さん疲れがどっと押し寄せてきたようです。最後は手元のお菓子を食べながら、自分の総資産を計算します。

それでは結果発表です。私の成績は……

(資産額)
総資産:8,800万円
目標資産:5,000万円
達成

(ステイタス)
家庭:結婚、子ども一人
目標とする家庭:結婚、子ども二人
達成ならず…

という具合でした。子どもを後一人生んでいれば、ゲームクリアだったのですが、惜しい。お金を貯めることだけが、人生だけではないんだという現実を学ばせていただきました。

5.セミナーで学んだこと

セミナーで学んだこと
不動産投資セミナーを複数受けてきた私にとって、今までにない視点で「不動産投資」を見つめ直せたように思います。参加して得られた大きな教訓は次の3つです。

① リスクを恐れていては、資産は決して増えないということ。
② 債券や株式、資源取引と比べて、不動産価格は経済ニュースの影響を受けづらいということ。
③ 自分の目標を決めないと、投資の軸がぶれるということ。

 たかがゲームですが、されどゲームです。書籍を読んだだけでは、これら3つを肌感覚で理解するのは不可能でしょう。

リスクを恐れて行動しないでいると、時間はあっという間に過ぎてしまいます。

また、一見自分に関係ない経済ニュースが、自分の投資活動に意外なところで影響が及んでいるということ、その中で不動産投資の価値を相対的に見つめ直せたことは大きいです。

さらに、自分の人生の目標から逆算して行動を絞っていく重要性も大切です。定年退職後は月いくらほしいのかを決めないと、投資をするときの判断軸がぶれてしまうからです。

このイベントは、投資初心者の方におすすめできます。退勤をかけないと経験できないものが、仮想世界の中で疑似体験できてしまうからです。難しいことは近くのスタッフに質問すれば、丁寧に解説してくれます。
 同イベントは今後も都内で定期開催されます。興味がある方は、エターナル株式会社のウェブサイトをご覧になってください。 株式会社エターナル
川端 彰

ライター川端 彰

川端 彰の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!