不動産投資と暮らしの情報サイト

投資で勝ちたいなら、将来を見るべき!不動産投資で素人が利益を出せるわけ

269 views 2015.12.11

素人に不動産投資は可能か?

783383d32818f33fac8724bbbf517f55_m

不動産投資にあまり詳しくない人、ようはまったくの素人が投資に手を出すのは難しいとよく言われています。

しかし、最近ではこの不動産投資を素人の人でも積極的に行っているということが知られるようになってきました。

するとここで疑問が浮かぶわけです。どうして難しそうな不動産投資にわざわざ素人が手を出すのか?

その回答は難しいものなんかではなくて、ただ不動産投資は素人がやっても十分に利を出せる可能性を残しているということです。

成功例の話は鵜呑みにすべきなのか?

不動産で成功してという成功体験がいろんなところで語られているわけですが、あの話はどの程度信じればよいものなのでしょうか。

まず、これには二つの可能性があります。

一つは専門の投資コンサルのような初めから付いていて、教材を売るためにバックアップしていたという場合。

そしてもう一つは、投資をしていて利益が舞いこんできた人に対し行った体験談です。

どちらも嘘を言っているというわけではないので、信じる必要がないとは言いません。

しかし、前者の場合は条件が違いますし、後者の場合は自分がそれを繰り返しても同じ利益を得られる保証はないということは忘れてはなりません。

将来の成功と過去の成功

こういった過去の成功談というのは、この業界においては一つの基準になっていたりします。

それはモデルケースによってその利益の出し方を同じように試すことで同様の効果を得た人がいるわけです。

でもそこに人が集中することで起こるのはその投資の利益の限界と、競合が出来てしまうことでもあります。

これから将来的に成功ケースとして自分もやっていきたいという場合には、誰かの追随が成功になることは少ないでしょう。

もともと不動産投資は利益を安定的にある程度得られる代わりに、それが失敗するリスクも伴います。

失敗は過去で、成功は最後にできればいい

素人がまず誰かの真似をして始めることは決して間違いではないです。

ただ、自分がその成功者とまったく同じことができるかと考えれば、無理だとすぐにわかると思います。

そうなるとすべきは、自分がチャレンジして投資を続けていき、そこから将来的な目標金額に届かせたり、

どのくらいの収益を総合的に得ることができるのかを計算することにあります。

どれだけ失敗するとまずいかは自分で計算するとして、どこまで挑戦するのかは十分に検討しなければなりません。

もし失敗してもその経験が将来的に不動産投資での利益につながるのであればいいのですから。

安定さえすればいい?

4bd6e36f176b2565cf4e0e7a30036b12_m

不動産投資の一つにその安定収入を得られるというメリットがあることはよく知られています。

しかし、そのせいで、今得られている収入が今後も継続的に続いていくとつい思ってしまうものです。

でもマンションや一軒家のように誰かが利用したり経年によって劣化してしまう可能性も付きまといます。

今の安定利益だけで止まってしまうことはそれ以上の収益を止めてしまうことでもあり、しりすぼみになってしまうかもしれません。

利益が縮小すれば、それは繰り返し投資した場合とは違って、その物件に対する価値が下がり、

負債との兼ね合いが利益を下回る可能性が出てくることでしょう。

将来への投資が必要

31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8_m

投資は不動産だけではありません。

でも不動産に投資する人が増えてきているのには、利益の出し方がわかりやすくて続けやすいことにあるからでしょう。

仕事の副収入や老後のための収入の元としようとしている人だって少なくないです。

つまり、いまではなく将来のための投資がこの不動産投資であり、それを維持するためには利益の拡大を考えて、

得られた利益からもう一度投資や利回りといったものを考えていくとよいでしょう。

河合 清彦

ライター河合 清彦

河合 清彦の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!