不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産の情報はどこから手に入れる?初心者でもわかりやすい、不動産投資の常識

147 views 2015.12.11

不動産投資のための情報収集をしよう

f17fee8bf51b3b14d758b1ce1e455fc7_m

不動産に投資する際に、何の目安も目論見もなく大きな額を投入してしまうことは避けなければいけないことであり、やってはいけないこととされています。

できれば信頼できる不動産会社の情報ポータルから、定期的に情報を収集することが望ましいと言えます。

まだ投資を始めたばかりで、不動産投資についての知識がほとんどないという方は、大手の会社が手掛ける情報供給のところを探すのがいいでしょう。

まだまだどんな情報を手に入れていいかさえ分からないという初心者の方でも、まずは見てみることをおすすめします。

不動産情報はなにが大事か?

不動産投資を上手く行うためには、それだけたくさんの情報とそれを分析・解析して投資につなげるだけの力が必要になります。でも初心者の方にそれを要求するのは酷と言えますよね。

そうなると、不動産投資に初心者が入り込めなくなってしまいますし、これからのことを考えると、まだ手を出したことがないからとあきらめる必要もありません。

それよりも、そう言った人たちがどんな情報を頼りに不動産投資を行っているのかというセオリーを最初に知ることが肝心なのです。

特に新着情報やおすすめ情報というのは、何も分からない人にとってはそれがどんな有用な情報か、もしくはあまり大した情報ではないのかというのがわかりません。

それを補うための自分の投資に対する姿勢やスタイルというものを確立しながら上手にもまれることがベストです。

不動産投資のセオリーを身につける

不動産投資に置いて、セオリーというのは何でしょうか。

上にも述べたような投資を行う上での一番行われやすいことやその周辺の手法・知識のことだと言えます。

これを土台としてしっかりさせることは非常に大事です。

よく投資の良い結果だけを求めて、基礎的なことをないがしろにしてしまう人はいます。

ですが、それだけでは、いつまでたっても自分の目で見て判断し、失敗を補うという一連のプロセスを活かすことはできません。

セオリーはそれだけこれからの投資を支えるためにも必要であり、同時に欠かせないものでもあるのです。

不動産投資の常識は一般的なもの?

f891df1a4d312476863cfd538d62d1f6_m

不動産というと、ハウジングとか不動産物件情報といったものが世間的なものとして知られています。

では不動産投資の常識というのはそのようなものと関係があるのでしょうか。

実は一般的に理解されている不動産の認識と、ここでいう不動産投資には少しだけズレがあると言えます。

何がズレているのかですが、それは不動産が人気の物件になっている頃にはその投資家たちがもう目をつけ終わり、投資を終えて運用の段階に入っているということです。

これは、株が上がり頂点まで上り詰めたころにようやく売り払うみたいな行為に似ています。

それでは最初のスタートを切っている投資家以外にはほとんど利益というがないわけです。

一般的な不動産の価格からそれが運用されれば大きな利益が出るというのは間違いというわけではなく、運用方法によっては大きな収益になるのです。

それが間違った運用を行われるとあっという間に債務へと変わることにもなります。

まずは目標を決めよう

36ea5b4f27f0f558c46734e6aaa229ad_m

不動産投資ならば、あれもこれもと手を出してしまうのはあまりよいことではありません。

もし手元の資産や収入がある程度確保できたとしてもこの原理が変わることはありません。

目標を決めてしまうのが確実で、最初のステップとして何をして、次に何をしてというのを決めているだけでもその到達点と道筋を随時考えて進むことができるのです。

いちいち立ち止まってしまうことは決して悪いことではなく、その都度考えて投資の結果をコストと収益に分けて継続か見直しかといった具合に判断をしていくのです。

河合 清彦

ライター河合 清彦

河合 清彦の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!