不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資はメリットとデメリットを両方知ろう!

132 views 2015.12.16

不動産投資はメリットとデメリットのどちらが大きいか?

0a82a3d77ef3c004fcb0ae5152898473_m

ビジネスマンの方や主婦の方のように、少ない給料の中でやりくりしてその資産をどれだけ増やせるかと考えていることと思います。

できるだけ切り詰めることで支出を減らして、収入を増やすというのは確かに節約でも基本的な考え方でしょう。

でもこれは不動産投資におけるメリット・デメリットと全く反対の考え方となってきます。

どちらが大きいかと考えてしまった時点で、投資を減るものか増えるものかの二元的な考えに縛られてしまうのですから。

メリットばかりの投資は逆に怪しい

投資において、まず考えねばならないことがあります。それはいくらを投資に回してそこから利益を得ていくかということです。

それが常に増え続けるのではなく、増えたり減ったりする中で、投資というのは収入が決まってきます。

このとき、メリットばかりが提示されるような投資というのは実に怪しげだと思いませんんか?

全然欠点なんてありませんよと謡っていたり、デメリットがほとんど自分とは無関係のような言い回しで、必要性ばかり強調してくるようないわゆる悪質な営業です。

こうしたものと安全な不動産関連の投資を進めてくる会社とは全く別物です。

不動産投資で何が一番危険?

不動産投資の中にも怪しげな誘い文句で高額商品を売ろうとする人たちがいることはご存知でしょうか。

「絶対に成功する」「損失が発生しない」「いまやれば大儲け」のように、ただただ人を集めるだけのフレーズで銘打っているようなものです。

なぜこのような例をあげるかというと、不動産投資をするだけならば、このような人たちを相手にする必要は必ずしもないからです。

これは押し売りに少し似ているかもしれません。

いま必要としているわけではないけど、話を聞くと必要そうに思えてきて、結局断れずに買ってしまい、最後にクーリングオフみたいな感じになりますよね。

不動産投資はどの程度のデメリットを覚悟する?

437c5d06bf4b15314fb0d8e69f1c7b81_m

そうなると、絶対性を確保できるような投資など存在しないことはわかっていただけることだと思います。

その上で、不動産投資がなぜ今この記事を見ている人も含めて少しずつ関心が集まっているのか。

この押しすすめられている理由の一端として、デメリットが利益と必ず直結するものになっていて、なんとなくで始められないために参加者も他の投資に比べてかなり限られていることが挙げられます。

マンション経営は投資の一環?

e951d0b04aa77da2c124dc7ba7454510_m

よく、マンションを上手く回して利益を回収する投資方法が行われたりします。

それもそのはずでマンションを購入して、それを賃貸もせずに放置するのは、本当に利回りでの利益を狙ったものになるからです。

できるならば定期的な利益となる家賃収入を得たいわけです。

ただそのデメリットとして家賃の不払いやメンテナンス費用、それぞれ人とのかかわりがあるのでトラブルなども生じる可能性が常にあります。

思わぬ出費や空室によって本来得られるはずだった収入が発生しないなどというデメリットだってあるわけです。

そして、最も気をつけねばならないのは、その不動産価格の変動をどの段階で見切りをつけるかです。

これは不動産ならではのデメリットかもしれません。

最大のメリットはこれ!

不動産投資でデメリットを中心に挙げてきましたが、投資の多くはデメリットが優先することが多いです。

なぜかというと、手間をかけて投資先を選んで、それでも不利益の可能性が避けられずと、挙げていけばきりがないものになるからです。

しかし、メリットは数少ない中に最大のモノが隠れていて、不動産投資は特にその利益の安定的な供給と運用の選択肢の多さが挙げられます。

それらをよく知ることで、不動産投資で安定的な収入を得ていくことが何と言っても投資の最大目標にもなってくるのです。

河合 清彦

ライター河合 清彦

河合 清彦の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!