不動産投資と暮らしの情報サイト

知っているだけで虜に?アパート経営の魅力!

135 views 2015.12.14

長引く不況や老後の不安などを考えると頭が痛いという人も多いのではないでしょうか。

そんな中で自己防衛の意識が高まってきたことから株式投資や投資信託と行った資産運用を行っている人、

検討している人もいるでしょう。

自分の資産をそのような形で増やしていくのかという問題は多くの人が考えているのではないでしょうか。

そこで近年人気が高まっているのが不動産投資によるアパート経営です。

一昔前までは不動産投資というと土地や建物を売買して差益を収益とするキャピタルゲインが

主流だったのですが、毎月の家賃収入を得ることができるインカムゲインの方が最近では

主流になってきており、より安定性のある不動産投資となっているのです。

b8655dffe416951188be12cc2915ca6a_m

 

アパート経営のメリット

7ca95d406f80e772fb47701b88ffbb24_m

不動産投資としてアパート経営を行なう最大のメリットが入居者がいる限り毎月安定して家賃収入を

得ることができる点でしょう。

物件の購入時などに組むローンの返済額よりも家賃収入の方が多くなるように

資産計画を立てることでローンの支払いは家賃収入の中から充当することができ、

さらに収益を上げることができます。

ローンの完済が終われば家賃収入の全てが収益となり、資産として残すことが

可能でローリスクかつロングリターンであることがアパート経営の魅力ではないでしょうか。

 

アパート経営を始める理由

459dbd7c7861712ce3747ac2e956552c_m

不動産投資としてアパート経営を行なうメリットは多くあるのですが中でも実際に

行っている人が始めた理由としては私的年金目的、生命保険代わりという人が多いようです。

少子化が進む現代の日本ではいつ年金が破綻するかもわからず、

もしもらえたとしても働いていた時のような生活水準を保てるかどうか不安になってしまいます。

中には退職金制度などを廃止する企業なども増えているので益々老後の資金に

ついての不安が大きくなるでしょう。そこで老後の年金対策として考えられているのが

アパート経営による不動産投資です。資産運用として株式や投資信託などを行なうのもよいのですが

元本保証などがない為、投資資金がなくなってしまう可能性も0ではないのです。

これに比べてアパート経営であれば土地や建物などの固定資産が残るので

資金が0になってしまう心配はなく、計画を立てて行なうことで老後に安定した不労所得を得ることも可能です。

生命保険代わりにと考える理由としては投資物件を購入する際に住宅ローンと同じように、

団体信用保険が組み込まれており、万が一本人に何かあった場合には保険によって

ローンが完済されるのでローン完済後の物件を家族に残すことができ、

なおかつ物件の家賃収入もそのまま得ることができるので、

一般的な生命保険と同じような役割を持っているのです。

毎月高い生命保険代を払わなくても良いので魅力的なものとなっているようです。

 

入居者の確保やトラブル、その他の管理は管理会社に任せることができるので、

実際に物件を購入して入居者が入ってしまえば家賃収入を得ることができ、

手間などもかからないことから近年では本業を持ったサラリーマン大家さんなども多くなっており、

投資物件用の住宅ローンなども多く登場しているので比較的簡単に始められる不動産投資として

人気を集めています。

投資という点ではもちろん少なからずリスクは存在するのですが、

それ以上にリターンやメリットの多い投資となっているので様々な不安を解消する一つの方法として

検討してみてはいかがでしょうか。

坂田 可奈子

ライター坂田 可奈子

坂田 可奈子の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!