不動産投資と暮らしの情報サイト

インテリアアイテムに拘るが、要らないものをどう捨てればいい?

218 views 2015.12.14

みなさんはどのような素敵な家をインテリアアイテムで工夫して実現しているでしょうか。

街を歩けばいろいろな素敵なインテリアアイテムが販売されています。

ついつい次から次へと購入して気がつけば、いろいろなインテリアアイテムが溢れかえってしまうことになります。

 

インテリアとインテリアの 間に互換性がないと言うことが一番の部屋のバランスを悪くし、品をなくす要因です。

インテリア一つ一つは美しく魅力的かもしれませんが、バランスが全然うまく取れてなく、

ゴチャゴチャした感じを否定出来ません。

fbaa8ea6f03195ce702ab2f4f8a35eb5_m

 

捨てる技を磨く

8efab9998903e236a2ed2e86b304d72c_m

やっぱり魅力的なインテリアを実現する為には捨てると言うモチベーションが必要です。

しかし、それぞれのインテリアアイテムに思い入れがありなかなか処分出来ないと言う人たちが結構多いようです。

 

まず、タンスにしまい込んでいるものは話しは結構簡単です。

半年、一年期間を定めてその間に全然触れることがないものは処分してください。

もったいないと言うかもしれませんが、ものを減らすことで、

新しいものとしっかり向きあう時間を作ることが出来ると解釈してみてはいかがでしょうか。

 

例えば、遺品問題です。

あの服もこの服も愛着がありなかなか捨てることが出来ないと嘆くのかもしれませんが、

そのような服が邪魔して

、もっと思い出がいっぱいつまっている写真・アルバムと向きあうことが出来なかったりします。

ここはもう着ない服は捨てるというモチベーションを持てば、アルバムに向きあうという時間を持つことが出来ます。

 

捨てるということは、ここでは、より思い出を高めるための手段と考えることが出来ます。

 

思い切って捨てることは案外スタートすれば次から次へと出来てしまう

 

案外と捨てるモチベーションも加速をつけることが出来ます。

そして、数少ないインテリアアイテムを愛することが出来るようになりますが、

同時に気軽に次から次へとインテリアアイテムを購入したと言うことに反省しなければなりません。

 

やっぱりモノを大事にするという姿勢は、私達人間に忘れてはならないことです。

安価なモノは気軽に購入出来るので、次から次へとモノは増えて行ってしまうことになります。

そして生活も安価に薄いものになりがちなので、

ここは高価なモノを購入するという姿勢に徹してみてはいかがでしょうか。

より重厚感のある生活を楽しむことが出来るはずです。

 

思い出は写真に収める

603e59253e902f2f7a131124f54a3160_m

そして、このインテリアアイテムは捨てることが出来ないとちょっと抵抗感を持つ人もいます。

捨てるか捨てないか迷えば回答なんて正直に言えばないのです。

 

この時このインテリアアイテムを捨てれば、

残ったインテリアアイテムをより大切にする気持ちが高まると解釈して捨てる以外に方法はありません。

 

ただし、やっぱりその捨てるインテリアは思い出のあるアイテムです。

そこでグッドアイデアは、思い出を残すために写真を一枚撮るようにしてください。

写真が一枚あると思えば結構安心して捨てることが出来るのではないでしょうか。

ただし、結構そのような写真って再び見る機会が少ないようですが、それはそれで方法として成功です。

やがて溜まった写真も整理しなければならない時が来ますが、それはもっと後のことで全然構いません。

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!