不動産投資と暮らしの情報サイト

お部屋に合った掃除機を!快適なお掃除ライフのための掃除機選び!

177 views 2015.12.15

電気量販店に行けば必ず非常に多くの種類の掃除機を目にするはずです。

しかし、それぞれのタイプがどういう場面で使うものなのか、

どういう違いがあるのかはあまり詳しく知っている人は多くありません。

きちんとお部屋に合う掃除機というものがありますので、掃除機のタイプとそれぞれの特徴を知って、

自分の住空間に合った掃除機を選ぶことが大切です。

 

キャニスタータイプ

817fcd3a0c5c6cb10ff8ff69fe05597c_m

一般的なタイプであり、本体からノズルが伸びているタイプであり、昔からある形になります。

またこのキャニスタータイプの掃除機というのはサイクロンと紙パックの2種類に分かれております。

これは集塵方法ですが、昔ながらなのは紙パックであり、

紙パックでゴミを集めてその紙パックごと捨てるという方法です。

そして最近多くなってきたのがサイクロンですが、これはダストカップが備え付けられており、

ダストカップを取り外してゴミだけ捨てるという方法です。

またフィルターで埃を取り除いているので掃除機独特の匂いも少ないです。

しかし、フィルターとダストボックスをマメに掃除する必要があります。

スティッククリーナータイプ

e82d206af4b37d12471918432fd0927e_m

これは本体と一体型であり、立てて置けるようなものやコードレスタイプのものが多く、

場所もとらないことで一人暮らしなどの小さな部屋などで利用をオススメします。

コードレスタイプが多いので、移動をしやすいということでキャニスタータイプとは別に

スティッククリーナータイプを持っているという方も多いです。

 

ハンディクリーナータイプ

小型の掃除機となっており、棚なの上であったり、ソファや車の中など用に使いやすいものになります。

大型の掃除機ではどうしても掛けにくい場所はあります。

そういう場所にこのハンディクリーナータイプがあれば凄く使い勝手もいいです。

もちろんこれで床も掃除機を掛けることはできます。

 

ロボットタイプ

11202c25d84f231cbd1b626839377c7f_m

今非常に普及が進んでいる新しい掃除機の形です。

床掃除、ゴミ捨て、そして充電まで全て自動でやります。

つまり、家にあるだけで何もせずに掃除機を掛けてくれるというものです。

また、センサーによって障害物はもちろんのこと、

壁なのかガラス窓なのかを察知して掃除機を掛けてくれます。

あまり掃除機を頻繁にかけれないという方が多いですが、

これがあれば出かける間に掃除をしてくれるという使い方もできます。

もちろん非常に細かい場所までとなると自分の手で行う必要がありますので、

大雑把な掃除という意味で利用することをオススメします。

このように、掃除機と一言でいっても多くの種類があり、この種類の中で更に細かく種類があります。

もちろんそれぞれの掃除機で機能も違ってきます。デザイン重視だったり機能重視であったりと様々です。

また、こういった通常の掃除機以外にも、今では布団の掃除機などもあります。

掃除機は大きさなどもありますので、きちんと収納場所なども考えて、

またインテリアとしても置いておくだけでオシャレな掃除機などもありますので、

色々な視点でどんな掃除機にするかを選ぶことをオススメします。

また、掃除機とは別ですが一緒にモップなどを購入しておけば小さな埃なども

見逃さないのでそういうことも考えておくといいでしょう。

栗秋 智英

ライター栗秋 智英

栗秋 智英の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!