不動産投資と暮らしの情報サイト

どの程度のお金があれば不動産投資ってスタート出来るの・・・?

102 views 2015.12.17

不動産投資の成功例からいろいろ学んでいただきたいと思います。物件を見て、段々と買う気満々になって来た頃なのではないでしょうか。

しかしまだまだ手付けと言うのは早すぎです。

 

まず予算を決めて、購入出来る額を決定してください。

確実に融資を受けることが出来ないと言うのなら、

そこに欲しい物件があってもまさに絵に描いた餅のよう存在です。

 

自己資金と借入金両方の視野で考える

bb88f32e47960401bc523ad883726785_m

自己資金は、物件の頭金であり、かつ諸費用であるという理解が必要です。

諸費用は大体10%費用を要し、そのことまでしっかり計算していかなければなりません。

頭金(手付金)は最低でも10%と言うのなら、

倍額の20%は頭に入れて行動しなければならないと言うことになります。

 

狙うべき不動産投資はどこか

37d9b9ba6b60c8ec8a732c40cc26277d_m

マンションを購入すると言う時、多くの人たちが大いに迷っているのは、

都心のマンションか、地域のマンションかと言うことです。

地域の方が比較的安く購入出来るのでいいと言う人たちがおられるようです。

しかし地域のマンションを購入しても延々と空き室リスクに頭を悩まされるだけなのではないでしょうか。

それぞれにメリットデメリットが存在しているからなかなか結論が出ない問題でもあります。

 

都心マンション地域マンションのメリットデメリット

11f6bf133b4cd9be5ead4347803aa9df_m

都心マンション地域マンションのメリットデメリットを追求しましょう。

都心のマンションは、価格が高い、利回りが低い、そして空き室リスクを最小限に抑えることが出来ます。

一方で地域マンションの場合は、価格が安い、利回りが高い、

そして空き室リスクが高いという真逆の立場です。

 

正確に言えば、多く稼いでいると言う人たちは、

不動産投資に対して多くのお金を使うことが出来るでしょうから、

都心のマンションを狙い、あまり収入が多くないと言う人たちは、

地方の物件を取得すると言うのが極々自然の成り行きかと思いますが。

地方の高利回り物件を持ち、二件目にトライすると言う時には、

充分な年収で勝負出来ると言うこともあるのではないでしょうか。

 

しかしお金のない人たちが地方のマンションを選択するとしてもどのようなマンションを

選択すればいいかと言うことが大きな悩みです。

山の奥地に、安いマンションを見付けて、それを購入すればいいと言うことではありませんし。

 

地域のマンションを購入すると言う場合でも出来るだけ、

地方都市の近郊を頑張って目指していただきたいと思います。

今、どこの地域が人口が増加傾向にあるかということも調査していただきたいですね。

そのような考えに基づき、考えると結構福岡なんて穴場的存在ではないかと思います。

しかし福岡とはあまりにも遠くに住んでいると言う人たちは、

不動産屋にその物件を任せるということになりますので、

信頼出来る不動産屋を見付けると言うのもとても大事なことになります。

 

地方のマンションだからなんでもいいということではありません。

出来ればご自身の自宅より2時間程度で攻め込むことが出来るエリアがベストです。

地方都市の中心まで電車でアクセス30分と言えば、

ちょっと買いと思うかもしれませんが都心の30分の感覚と地方の人たちの30分の感覚は違うので

注意をしてください。

地方の人々は、30分はかなり遠い借りるには値しないマンションと解釈します。

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!