不動産投資と暮らしの情報サイト

ベランダで育ててみたい!初心者向けのガーデニング

177 views 2015.12.17

ガーデニングを始める前に知っておこう

b25f5332e922f23926404b65bd07532a_m

広いお庭がなくても、ベランダでじゅうぶんガーデニングを堪能することができます。

ベランダガーデニングだからこそ楽しめる工夫もたくさんあるのです。色々育ててみたいけれど、

一体なにから始めたらいいのか分からない、そんなときはまずガーデニングの基本を知っておきましょう。

手当たり次第「お洒落だから」「かわいいから」という理由で道具をそろえても、

実は必要なかったとなれば勿体無いですからね。

ガーデニング初心者の方でも簡単に始めることができるために、いくつか基本をご紹介していきましょう。

 

ガーデニングの基本となる場所の確保

baa148ccfd5aab6a1b7869dc38cc12d4_m

当たり前のことですが、ガーデニングを育てる場所の確保が必要です。

ベランダがあれば十分育てることができますよ。日本には四季がありますから、

その季節に合った草花を育てていきましょう。

ベランダの地べたにそのままズラリと並べてもいいですし、

鉢植えやプランターを置くための棚を買ってもいいですね。

限られた空間で自分なりのお洒落で癒しの空間を作っていきましょう。

大切な草花を上手に育てるための秘訣はまず「育てる楽しさを実感する」ことです。

 

そのためにも、あらためてベランダの環境をじっくり観察してみてください。

毎日水遣りをすることを考えて排水溝の場所の確認、日当たりはいいか、風通しはどうか、

それからベランダにエアコンの室外機があると思いますが、

エアコンを使ったときに室外機から熱が発せられるので、

室外機からはなれた場所に鉢植えやプランターを置く必要がでてきますね。

室外機の熱風が直接当たれば、草花はあっという間に枯れてしまうので注意しましょう。

 

周囲への考慮や防災のこともお忘れなく

また、よく見る光景ですが手すりに鉢植えをぶら下げて育てる場合、

ベランダの外側に物が落ちたりしないように注意する必要があります。

下の歩行者に当たったら大変ですからね。

物を落とさないようにする工夫として、手すりに網状のネットを張る方が多いようです。

これなら落下物の心配をなくせますし、日当たりや風通しの心配も必要ありません。

 

それからうっかりしがちなんですが、

避難経路となっている部分を鉢植えやガーデニング用具などで防がないように注意しましょう。

いざというとき、それらが妨げになって逃げ遅れたなんてしゃれになりませんから。

 

ベランダに負担をかけないために必要なこと

9870745ce141a091877ab37127465aa7_m

冷静に考えてみると「はっ」とさせられるのですが、

あまり重たいものばかりをたくさんベランダに置くのは避けたいですね。

できるだけ軽いものを選ぶように心がけましょう。

お洒落な鉢植えもたくさんありますが、もちろん見た目を楽しむためにデザインもこだわる必要がありますが、

できるだけ軽い材質を選ぶとベランダにかかる負担を軽減させることができます。

 

ガーデニングに必要な道具もそのままベランダに置くことになるので、ガーデニングに必要だから、

特売で安かったからという理由で土や肥料を大量に置きっぱなしにするのは避けたほうがいいでしょう。

自分が楽しむためのガーデニングで周囲の方々に迷惑をかけたのでは、さすがに暮らしにくくなりますからね。

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

その他のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!