不動産投資と暮らしの情報サイト

引っ越しシーズンに是非試したい!?引越し直後だからできる装飾アイテム活用術!

199 views 2015.12.25

引っ越し後に部屋をどうする?

9b6f49409ffb4500f75d272b472eaaa3_m

4月や7月といった時期になると、引越しをする人の数が増えてくることと思います。

引っ越し後というのはいろいろと荷物がごちゃごちゃしたりているものです。

特に引っ越し直後というのは何かと忙しいものですし、片付けるので精一杯になってしまうこともあるでしょう。

でもこの引越し直後は片づけをするということ以上に、内装を取り換えて物をどこに配置するか、

家具の段階から行うことのできる数少ない機会といってもいいです。

そこでこの機会を利用して、

いままでできなかったであろうインテリアを施した生活に花を飾るような空間を用意してみましょう。

 

どんな好みの空間にする?

8efab9998903e236a2ed2e86b304d72c_m

住空間はその人の性質をあらわす場所にもなっていて、どんな空間に変えるのかでも全然違うものになります。

好みが反映されるので、どれだけ住み心地の良い空間にできるかは、

人それぞれで微妙に異なるものにもなってきます。

落ち着きのある空間にするのか、空間そのものを包み込むような優しさのある部屋にするのかなど、

どこを活かして部屋を変えるかはさじ加減一つだったりします。

 

装飾品をインテリアに活用する

装飾品にはその時代の文化や歴史といったものが反映されることが知られています。

例えば、一年中寒い北欧諸国では、暖かい色彩を持つ装飾品を利用して部屋を暖かくするアイデアによって、

空間づくりをしたりしているのです。いわゆる北欧風というやつですね。

どんな背景から生まれた装飾アイテムを利用するのかでも、

部屋の見え方が変わってくることが分かってもらえると思います。

 

自然な感じを活かすには?

自然は「ナチュラルテイスト」といわれるように、その部屋の人工的に作られた感じを薄めて、

より自然の中にいるような心地にしてくれるものを指します。

マイナスイオンやハーブは、特にリラックス効果のあるものとしても多くの人に知られているわけですよね。

それはただの飾りものだけではなくて、インテリアに特化した物品に対しても同様のことが言えます。

誰でも手に入れることができやすいために、気付かれにくいですがちょっと取り入れるだけでも

自然な感じを引き出す小物としても大掛かりな部屋の材料としても人気の高い装飾アイテムなのです。

 

人工的な自然も自然に違いない?

48af500dbc6248eadb523c2b7de74105_m

自然な味わいを出すために使われる自然界にある材料を使った草花や木材ですが、

これは必ずしも山や林で育てられた自然物である必要はありません。

インテリアに置いて大事なのは、その部屋をどのように演出するかであり、

その材料が自然であるかどうかはあまり関係ないのです。

要はそれが自然の雰囲気や居心地を引き出してくれるものであればよいのです。

もちろん、自然物であるとわかるだけでも人は落ち着くことができたりする、

プラシーボ効果みたいなものも期待できないことはありませんから、

できるのならば自然なものを使うという方針も決して間違いではありません。

とはいえ、こうした全てを自然物でつくった装飾アイテムは費用もかかるので、

人工の植物や木材でできたアイテムで代用するというのがお手軽なのです。

それは置物やちょっとした小物を配置する場合でも同じ自然の効果を得られるのです。

河合 清彦

ライター河合 清彦

河合 清彦の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!