不動産投資と暮らしの情報サイト

2つの方法で悪徳業者を見分けながらリフォーム費用を極限まで安くする方法

152 views 2015.12.1

リフォームの時に気をつけなければいけないこととは

64621259a681e120ce6966341d86d391_m
リフォーム費用は安ければ安いほど、それに越したことはありません。
ただ、リフォームをするということは、最低限必要なお金というものがあります。
工事を手抜きして安くするような業者には、絶対に依頼してはいけません。
さらに、安く受けうことで、契約を急がせるような業者は要注意です。
依頼する側に急ぐ必要があるのであれば、それは仕方がありませんが、そんなに急ぐ必要がない場合は、業者が契約を急がせる理由は、果たして信用していいものだろうか。
殆どの場合は、他社の考えを聞かせないで、早く契約をさせたいというのが本当のところではないでしょうか。
急ぐ必要がないのに、急がせる業者には注意が必要です。
今だからとか、先着何名様などといったことを行ってくるような業者は、信用できないと考えてください

リフォームを少しでも安くする方法

118d28e48741c8b01c4c120438503a22_m
リフォームをするときに、業者に見積もりをさせますが、これは当然やるべきことです。
相見積もりをすることで、業者に競争をさせて安くすることができます。
それだけであれば、普通に誰でもやっていることです。
業者は知っていると思いますが、リフォームの補助金が出るということです。
普通ここまでのことでは、業者毎にそう大差はないと思います。
ここからが大事なところです。
リフォームの補助金ですが、これにはさまざまな基準が設けてあってそれを見ても素人ではどうしたらいいのかわからない事だらけです。
そんなリフォームの補助金をもらえるような工事で、自分がしたいリフォームと一緒に出来るのであれば、これほどいいことはありません。
リフォームの基準をしっかりと把握していて、リフォーム事態を補助金がもらえるような工事を提案してくれる業者を選ぶようにしてください。
補助金は、最高200万円まで出ますので、少しでも補助金が出ると、それだけ出費を抑えることができます。
実際にリフォーム費用の1/3までもらえることになりますので、利用しない手はありません。
33%ものリフォーム費用を国からもらえるのであれば、それをしっかりと利用できるようにしてもらえる業者を選ぶべきです。
どんなに安くしても、この補助金を利用できるのであれば、利用しない手はありません。
毎年リフォーム補助金は変わりますが、補助金自体は今のところありますので、利用できるようなリフォームをしよう。

リフォームで最悪の事態を招かないようにするには

428781f4f4bd212233c681644a49c6a6_m
リフォームを依頼する場合は、信用のある業者に依頼するようにしてください。
悪徳業者には特徴があります。
通常のリフォームの依頼をしてトラブルになる場合と違い、ほんとうに悪徳業者というのがいます。
これだけは、チェックしておきましょう。
悪徳業者には、特徴があります。
たまにいると思います。
突然リフォームのセールスをするために、押しかけてくる業者には、要注意です。
飛び込み営業をしてくるような業者に、優良な会社はないと思っていて間違いありません。
他には、無料で点検していまして、点検をさせてくださいと言ってきて、点検をしたあとにここがこんなに悪いなどといってきて、高額の工事の見積もりを出して来るような業者には要注意です。
正規のリフォーム業者と見た目は見分けがつかないので、一般の人であれば家を建てる時に、いろいろと建築例、施工例などがでている建築会社があるので、名前を見ただけでわかると思いますが、リフォーム業者になるとそんなに有名なところは少なくて、どこに依頼していいのかさえ、わからないくらいの知識しかないのが普通の人です。
そんな人がリフォームをしたいと思っている時に、訪問営業が来たらつい依頼してしまうケースがたくさんあります。
飛び込み営業をしてくるような業者には、絶対に依頼しないでください。

西条 和仁

ライター西条 和仁

西条 和仁の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

その他のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!