不動産投資と暮らしの情報サイト

男性必見!かっこいいインテリアで空間を引き締める!

120 views 2015.12.27

 

7a8571d8ad081a402a92cab4eaac70ac_mインテリアとなるとどうしても女性向けのものが多くなりますが、もちろん男性向けのインテリアもあります。

スタイリッシュなものやクールにまとめられるものなど、

自分のイメージに合わせてどういったインテリアを選ぶかが大切です。

ただ、インテリア家具などのものも大切ではありますが、それだけではなく、

もちろんどこに配置するかなどのセンスも必要になります。

ごちゃごちゃしてしまうと家具などのものだけいいという風になりますので、

きちんと配置などのイメージを最初に決めておきます。

 

何よりも片付けが大事

では早速ですが、どんな部屋であっても汚かったら意味がありませんので片づけから始めるようにします。

物が多すぎると部屋が狭く見えてしまう恐れがありますので、

出来る限り部屋を広く見せられるようにものをある程度なくすということが大切です。

 

まずは収納インテリア

収納に関するインテリアになりますが、まずシンプル重視にするかデザイン重視にするかで大きく違ってきます。

基本的にシンプル重視でしたら空間は広くなりますし、

デザイン重視にすればイメージに合わせた部屋作りが可能となります。

また、全てにおいてですが部屋と無愛想な家具を購入しないようにします。

そこだけ目立ってしまう恐れがあります。

 

部屋の大部分を占めるベッド

dc86fd87c58e5f8b2a9e2fd41d4f2790_m

部屋の大きさにもよりますが、ベッドは割りと場所をとる家具となります。

だからこそしっかりと選ぶことをオススメします。

デザインはそれぞれですが、大きさは部屋のサイズを考えて選ばないとベッドで

部屋が埋まってしまう場合があります。

ですので、狭い部屋にオススメなのはロフトベッドとなります。解りやすくいうと、

二段ベッドの上だけのベッドになります。

もちろん下のスペースは机などを置いて本などを読んだり、色々と使い道はあります。

また、ワンルームの部屋でベッドを見られたくない場合はカーテンポールなどでベッドを仕切ったり、

仕切りなどもあります。そういったものを利用する場合でもセンスが問われます。

とにかく自分の好みのものを選ぶことが大切です。

 

照明によって空間を演出

一人でいるときは普通の電気で大丈夫だと思いますが、

友達や彼女などが家に来た際にちょっとオシャレな空間を演出するための照明などを購入してもいいです。

間接照明やアロマキャンドルなどもオシャレに繋がるはずです。

 

大事なカーペット

カーペットは敷くスペースが大きいので部屋に入ってきた瞬間まず目に入るものです。

ですので非常に選ぶことに慎重になる必要がありますが基本的には単色での購入をオススメします。

白や黒と言ったように明るいイメージ、暗いイメージで決めてください。

 

テーブルは機能性とデザインどっち?

個人差はありますが機能性で選ぶ人とデザインで選ぶ人がいます。

あまりリビングに物を置かないという方はデザインで選ぶ方がいいですし、

ものを見えないようにしたいという方は機能性で選んで収納などに役立ててもいいかもしれません。

 

部屋のメインとなるソファ

ef40afeaf6b7ac25d50bc3e3729131ce_m

ソファというのはこだわってこだわって選ぶようにする必要があります。

色々な形がありますし素材もデザインも違います。

すわり心地、価格、デザインのどれを重視するのかをまず決めて、部屋のスペースを測った上で購入しましょう。

もちろん大事なのは住空間のイメージに合った、自分が気に入ったものを選ぶということです。

 

このように住空間を作り出すには色々と手間が掛かります。

しかし全部揃って最初のイメージのように配置すれば満足のいく住生活を送ることができるのではないでしょうか。

 

 

栗秋 智英

ライター栗秋 智英

栗秋 智英の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!