不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資はお得?節税にも効果的

114 views 2015.12.27

不動産投資に節税効果があるのは本当なのか

37b17203d23b8cbc343282cee35945d5_m

不動産投資は一見簡単そうに見えて比較的難しく、トラブルなども多く発生することがあります。

しかし、最近では不景気や物価高、増税の影響で生活が厳しく、副業をするサラリーマンも多くなっています。

今までは少しの金額であれば、副業の収入があっても特に申告する必要はありませんでしたが、

これからはマイナンバーによって個人情報を全て把握されてしまうため、

副収入であっても税金を徴収される可能性が高いでしょう。

それなら儲けられるだけ儲けてしまった方がお得なのですが、それでは徴収される税金も高くなります。

しかし、不動産投資は節税対策にもなるということを知っているでしょうか。

なぜ不動産投資が節税対策になるのかというと、

損益通算によって所得税の還付を受けることが可能になるからなのです。

 

どのようにして節税するのか

e655c91f1f3d96ab9df43a90d27d2da4_m

不動産投資によって得た収入であっても、当然税金大国である現在の日本では、

容赦なく税金を徴収されるのですが、不動産投資によって得た収入には、

所得税だけではなく固定資産税を始めとして、修繕費や減価償却費などの必要経費もかなり必要になります。

必要経費は確定申告をする際に申し出ることで、税金が加算されない仕組みになっています。

ただし、マンションのような大規模集合住宅の場合には、明らかに売り上げの方が遥かに高くなってしまうので、

節税効果はあまり見込めません。

しかし、出張中や転勤などで自分の家を他人に貸す場合や、駐車場や駐輪場など、

収入が低い不動産投資を行うことで、収益よりも損出の方が大きくなる場合もあるのです。

このようなときには所得税の還付を受けることができるので、税金の支払いを少なくすることもできますし、

うまく行えば、税金を普通に支払うよりも儲けが出ることもあります。

税金を支払っても日本国民のために使用しないのはわかりきったことだと思っている人も多いので、

ぜひ不動産投資を節税のために活用してみてはいかがでしょうか。

 

所得税対策以外の節税も可能

7b0d679cf892eb6fc272b2242f63bde3_m

不動産投資は確定申告をする際に、所得税の支払いを減らすだけではなく、

還付を受けることができると説明しましたが、実はやり方によって、

所得税だけではなく他の税金の節税対策も可能なのです。

それは相続税や贈与税なのですが、これも政治家の悪政によって増税されてしまいました。

そんな相続税や贈与税の支払いを少しでも減らすためには、

相続時清算課税制度というシステムを利用するのです。

この相続時清算課税制度というのは、贈与額を2500万円までであれば、

税金の支払いを行う義務がない状態で贈与できるシステムとなっています。

しかも支払った贈与税額は相続税が発生するときに清算される仕組みになっているので、

生前贈与特例の対象になるのです。

日本の法律には特例などと言う仕組みが多くなっているので、このような仕組みを十分に利用し、

節税対策ができるというわけです。

ただし、このような対策は素人だけで行うのは難しいので、

できれば税理士などの専門家に相談した上で行うとよいでしょう。

また、このようなシステムは、今後改正されて廃止される危険性もあるので、

よく政治経済の情報を確認することも重要です。

 

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!