不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資ローンを事前に確認しておこう!!

115 views 2015.12.27

不動産投資の収入で将来の年金の足しにと考えていらっしゃる方は増えていますが、

不動産投資ローンという言葉をご存知でしょうか?

不動産投資は大家さんになれば後はうまく管理すれば大丈夫と思っているでしょう。

しかし、最初にやる事がありまして物件を自分自身で購入しなくてはいけません。

通常のアパートにしても自分が借金等で建てて多くの部屋を管理して返済に充てたりしています。

不動産投資も同じで物件を一旦購入してその後他人へ貸して収入を得るのです。

それでは物件を購入する事になりますが、分譲マンションでも一戸建てでも数千万円とかかかります。

サラリーマンだと自分の家のローンもあるのでさすがに払えません。

そこで多くの方が利用しているのが不動産投資ローンです。

理想を言えば、人に入居してもらってローンの返済をしてもらうような形に持っていく事です。

 

不動産投資ローンは住宅金融公庫とは違う

b88078291c9e6eb6b3e3c28a17638757_m

通常、不動産を購入する場合、多くの方は住宅金融公庫でお金を借ります。

そして数十年かけて返済しています。

その場合、当然審査があると思いますが、不動産投資ローンの方が条件的に厳しいです。

なぜかというと投資という名前が示すように可能性があるかないかを問われるからです。

たとえて言いますと、あなたが事業を始めるとします。

その事業に銀行が融資をしてくれる場合、いくらまで出せるかという事です。

事業内容、発展性、将来性などを検討して融資できるかどうかを決めます。

不動産投資ローンも同じです。

空室等はなさそうか、立地条件などいろいろと事前審査をするので通らない場合もあります。

また当然の事ながら現在の家のローンがあると融資する方も不安になります。

 

不動産投資ローンにも良い点はあります

0561538baf126b1b9c376c72e2c4e692_m

不動産投資ローンは、審査の条件は厳しいですが、通ってしまうと住宅金融公庫にはない良い点があります。

それはレバレッジをきかす事ができるからです。

少ない投資金額で高い利回りを得る事ができる可能性があります。

その他には、頭金がなくても購入できます。

自宅を購入する場合は事前に頭金を入れてから返済金額を減らすと思いますが、投資の場合は、

利回りで返済できる可能性がある為、いきなり購入できます。

 

空き室がないようにしましょう

不動産投資ローンを組む場合は、審査に通る事はもちろんですが先に物件を十分に見るようにしましょう。

本当に入居者が入ってくれそうか、立地条件や建物の状態もしっかり確認しておきましょう。

もしも不動産投資ローンを組んでからスタートさせるとなると空室の場合は、

月々の返済は自分自身が返済するようになってしまいます。

そうなると返済不能になって自己破産という最悪の事態になる可能性があります。

途中で売却しても残債との差額から多少の借金は残ってしまいます。

 

不動産投資は慎重に

f95443980ceed4d91ddf7da1c14dfd1a_m

不動産投資は名前の通り投資です。

確かにやり方は大家になるだけですから、ある程度の労力も必要になりますし、

一旦、大きな借金を背負うようになります。

とくに新築等でマンションや一戸建てを購入された方は、自宅の借金もありますので

見た目でいうと2件分の借金を払う感覚になります。

不動産投資は将来性のある投資ですが、もしもやる場合は慎重になりましょう。

不動産投資を行う場合は、いくつかの取引業者と会ったうえでいろいろと検討していきましょう。

不動産投資は上手くいけば良い投資方法です。

事前準備はしっかり行いましょう。

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!