不動産投資と暮らしの情報サイト

明るい家に住みたい!重要な家選び

141 views 2015.12.27

どのような家に住みたいのか構想を練る

f95443980ceed4d91ddf7da1c14dfd1a_m
大半の人は、暗い家よりも明るい家に住みたいと考えていることでしょう。

そのためには、まずどのような感じの家に住みたいのか構想を練る必要があります。

明るい家とは言っても、その人によって感じ方は多少異なるので、

自分がよいと思っている最適の家を想像してみましょう。

通常明るい家というのは、壁が白で統一されている、

窓が大きくて日の光がたっぷりと降り注ぐという考えの人が多いと思います。

しかし、自分で設計を行って家を建てる場合や、リフォームを行う場合には

自分の思い通りの家にすることができるのですが、賃貸住宅や中古住宅、すでに建てられている住宅へ

引越しをする場合には、自分で自由に変えられる部分というのは限られてしまいます。

だからこそどのような家に住みたいのかをしっかりと考えておき、

情報収集を念入りに行わなければいけないのです。家の広さなども考えに入れておきましょう。

不動産屋選びが重要になる

88a1795f6c5edd6667e625bfff4a1faa_m

家を建てるとき、引越しをするとき、不動産投資をするときなど、不動産物件に関することは

不動産屋を利用するのが当然なのですが、だからこそ不動産屋選びがとても重要になります。

不動産屋も店によってかなり変わってくるので、明るい家に住みたいと考えているということを告げた場合でも、

不動産屋によって反応が変わってきます。

中にはこのような感じの家はどうでしょうと、いろいろな資料を見せてくれる親切な不動産屋もあるでしょうが、

中にはもっと詳しく希望を教えてほしいと言われる場合もあれば、あまり真剣に相談に乗ってくれないような

とこもあります。

そのため、不動産関連のことであれば、まず不動産屋選びがとても重要になるのです。

不動産屋の中には、とにかく家を購入してほしい、この賃貸物件を借りてほしいということを優先してしまい、

契約させることしか頭にないようなところもあります。

だからこそ不動産選びはとても重要なため、事前の情報収集と評判の確認、

比較などは必ず行わなければいけません。

引越しをしてからの対策も重要

88a1795f6c5edd6667e625bfff4a1faa_m

明るい家に住みたいと思って引越しをしても、この家に決めたときにはとても明るい雰囲気だったのに、

引越しをして家具類を運び入れたら、なんだか暗い感じになってしまったという場合もあるでしょう。

このようなときには家具の配置や家の飾りつけなどに原因があるので、もう1度見直す必要があります。

家具や装飾品で火の光を遮っていないか、部屋の雰囲気に飾り付けがあっているのかなどを

確認してみましょう。

壁紙の色と家具の色が合っていないという場合もあるでしょうが、このような場合には

買い替えるというわけにはいきません。

そこで装飾を工夫することで、家具の色と壁の色が合っていないという不自然さを多少解決することもできます。

あまり気にしないという人も多いですが、照明なども工夫することで、部屋の明るさがだいぶ変わってきます。

工夫次第で明るい家にするということも十分可能です。

田辺 昭義

ライター田辺 昭義

田辺 昭義の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!