不動産投資と暮らしの情報サイト

理想のインテリアを追求する!!そのコツとは?

202 views 2015.12.28

果たして理想のインテリアとはどのようなことをいうのでしょうか。

オシャレなインテリアを実現したいというものの本当の意味でのオシャレって一体なんなのでしょうか。

どこから手をつけていいかということも全然判らないですし。

 

インテリアのコツを知りたい

fbbdc270a703cd617e98664ae7bc9829_m

やっぱりプロのアドバイスをしっかり聞くという姿勢も大事なことです。

つまりみなさんは素人であり素人の人たちがどう頑張って考えても、素人の枠を超えることがありません。

大事なことは、まずプロの意見を聞き、後は自由に応用などしてみてはどうでしょう。

 

みなさんは、しっかり家具をどのように配置するかということでシミュレーション・図などを作って

ああだこうだとやっているのかもしれませんが、プロの人たちは、形のない照明を意識するといいます。

みなさんがシミュレーションに向きあい、完璧だと思ってしまうほど照明のことを

見落としてしまうことになるかもしれません。

 

そして形のない明かりという面で捉えることと同時に形のある照明としてしっかり意識して行くことも大事です。

空間作りに大切なお洒落な照明を中心にしてインテリアを作るという姿勢も決して間違いではありません。

照明を中心に置くということで部屋の雰囲気は随分変わって行くものです。

照明のに工夫によって、スタイリッシュなものも、レトロなものも演出することが出来ます。

 

ベースの色を決める

f3cb173e31fc9a7f2e8da1f9ebd3d9ca_m

そして、案外みなさんがおかしてしまうミスは、あの色もいい、この色もいいということで

いろいろな色を取り入れてしまうことです。

気付けば、ちんどんやのようなインテリアの出来になってはいないでしょうか。

理想のインテリアとは、ベースになるべき色をしっかり決めることよりスタートします。

私はこの色だということをまずはしっかり決めてスタートしてください。

色からどのようなインテリアかということがスタートします。

 

壁を活用

 

そして壁という放置しておけば閉塞感をもたらしてしまうものに対して、

より関心を持ち、活用して空間を作りだしていただきたいと思います。

本棚を置くというのも壁としっかり調和されていかなければなりません。

壁に絵画を飾るというだけで生活にゆとりのようなものが生まれてとても不思議です。

 

若い人たちなら、壁一杯フォトフレームを飾るというのも方法ですが、

やりすぎや統一感のないインテリアにならないように注意が必要です。

フォトフレームもいいかもしれませんが、絵画と比較をすれば、

インテリアに重さというものが存在しないかもしれません。

安価なのを何点も何点も置くというよりは、インテリアに重さを演出してるくれるものは

間違いなく高価な一点です。

 

緑がやっぱり私達の生活に必要

b2783006471e03dbcce215b87816e387_m

そして何かこの部屋は息苦しいと感じる理由ってやっぱり部屋に緑が不足しているせいなのではないでしょうか。

一個だけでも部屋に観葉植物が配置されているだけで生活が落ち着いた感じなります。

 

それほど高価な観葉植物を置けといっている訳ではありません。

百均ショップのものでも全然構いません。

是非、実践してみてください。

そして百均ショップでも鉢を換えればどんどん面白いほど成長して行きます。

 

 

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!