不動産投資と暮らしの情報サイト

離婚したら住宅ローンは払わなくてよいって本当なの?

224 views 2015.12.28

結婚した当時はともに白髪の生えるまでといって仲良く暮らした夫婦でも、

いろいろな事情で離婚することが珍しくありません。

婚姻期間中にマイホームを新築するケースも多いですが、

離婚したあとの住宅ローンの支払いで揉めている夫婦が少なくないようです。

 

夫婦じゃなくなったのに住宅ローンを払うの?

22076ca7dbf0b0b698dee35de06bbfbf_m

離婚して夫婦ではなくなったら、

少なくともどちらか一方は住宅ローン支払い中の家から出て行くのが通常の対応でしょう。

そのローン名義が夫で妻が出て行った場合を想定すると、以降の支払いは夫が単独で行うことになるわけです。

結婚中の支払いは夫婦共働きで妻側もいくらか負担していたケースもありますが、

離婚してまでそんなもの払いたくないというのが人情です。

これは、男女逆でも同じことですね。場合によっては、

それまで払っていた負担分を返して欲しいと思うこともあります。

その辺は、離婚協議の中で納得いくまでやればよいですし、

まとまらなければ最終的には訴訟という選択肢も用意はされています。

しかし、夫婦間の思惑とは無関係に支払い義務が生じる場合があるのです。

 

その住宅ローンの名義はだれなのかが重要

一般的に住宅ローンは夫か妻のどちらかの名義で組んでいる夫婦が多いでしょう。

中でも夫の名義になっているケースが多いのではないでしょうか。

このように、どちらか一方の名義で住宅ローンを組んでいる場合であっても、

もう一方の配偶者が連帯保証人になっているケースがあります。

また、最近は女性の社会進出ともあいまって夫婦の共有名義で住宅ローンを組むケースも増えているようです。

住宅ローンの共有名義とは連帯債務というもので、

簡単にいえば夫婦のそれぞれがその借金については借主ということになります。

その住宅自体の所有権の持分登記の問題は別に考えるとして、

少なくとも住宅ローンに名前が出てくる人が離婚によってなんの責任も負わなくてよくなるということは

基本的にありません。

 

連帯保証人としての支払い義務

5d68bae0fc3bf0ee01ca55dda91feff0_m

保証人制度には2種類あります。

保証人と連帯保証人です。

お金の貸し借りに関する契約では、保証人ではなく連帯保証人を求められるのが通常です。

なぜなら、保証人よりも連帯保証人の方が債務の弁済について責任が重いからです。

いいかえれば、お金を貸す側としては責任を追及しやすい連帯保証人こそ必要だということです。

住宅ローンでも同じことで、名義人が支払いを怠りなく続けていれば問題はありませんが、

延滞事故などを起こして信用がなくなれば、債権者側は連帯保証人に返済を求めてきます。

このとき、仮に名義人にお金があることが明らかであろうとも、

連帯保証人が債権者に対し名義人から回収してくれと主張することは許されません。

債権者は主債務者=名義人と連帯保証人のどちらに請求してもかまわないからです。

 

連帯債務者としての支払い義務

1722fb06d773118f81cd8982e13907ad_m

連帯保証人と似ているようで違うのが連帯債務者です。

連帯保証人があくまでも借りた人の債務について連帯して保証する人であるのに対し、

連帯債務者は借りた人そのものなのです。借りた本人である以上、

離婚しようが支払い義務がなくなるわけがありません。

 

住宅ローンの支払いについて離婚時に気をつけることは?

このようにみていくと、住宅ローンを抱えた状態での離婚には注意が必要だと思えてきます。

では、離婚時にどのような対策が必要でしょうか?

残念ながら、これといった有効な手段はないのが実情です。

連帯保証人になる、連帯債務者になるなどはそれ自体が大変に重い責任を負うことです。

そんな重大な責任が簡単に消えるわけがないということです。

そこで考えられるのは、離婚時には名義人に出来る限りの繰上げ返済をしてもらうことや、

いざというときのためのお金を拠出してもらうことなどです。

ただ、これも口でいうほど簡単なことではありません。

投資物件のように貸し出すなんてことも簡単ではないでしょう。

そこで、比較的よくみられるのがマイホームの売却です。

売ってしまえば住宅ローンの負担がなくなるか、大きく減ることになります。

夢破れた夫婦の城の結末としては、これが一番ふさわしいのかも知れないですね。

 

 

 

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

その他のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!