不動産投資と暮らしの情報サイト

バーのようなオシャレな雰囲気に!照明を変えるアレンジ4選!

274 views 2016.1.3

f3cb173e31fc9a7f2e8da1f9ebd3d9ca_m

自分の部屋というのは自分の空間なので好きなようにアレンジしたいと思う方が多いはずです。

一つ工夫を加えるだけでも変わりますし、インテリアや家具を変えるだけでも大きな違いが出てきます。

そんな中で照明を変えてみると実は非常に大きな変化が生まれます。

照明の形だけでもインテリアになりますし、色を変えることで雰囲気も変わりますので、

どういった照明やアレンジ方法があるのか知っておくことをオススメします。

 

小さい照明を沢山つけるアレンジ

一つの部屋の照明器具というのは基本的に大きな照明が一つあるくらいです。

単調な感じがして、困りもしないですがオシャレな印象とは言えないでしょう。

しかし、間接照明などの小さな照明をあらゆるところに配置することで、非常にオシャレな空間に早変わりします。

さらに、この小さい照明を沢山つける方法はオシャレというだけではなく、雰囲気も大きく変えることが出来ます。

全てつければ色々なところから明かりが出て部屋全体を明るくしますが、

一つだけ点けるといったことや二つだけ点けるといったようなことをすれば

また艶美な空間を作り出すことも出来ます。

 

配置を考えるアレンジ

f93e426e14228b55b2ccc173348b96c5_m

機能性より見た目を重視させたいという方も多くいらっしゃるかと思いますが、

見た目を印象付けたいという方は配置をしっかりと考えて照明をつけることがポイントになります。

ただ、どこでもいいからという配置になると見た目も悪くなります。

しかし、しっかりと明るいところと暗いところのメリハリや満遍なく配置することで、

見た目だけではなく機能性もしっかりと備わってくるので

まず自分の中でイメージをした上で取り付ければイメージに近い雰囲気が作れるはずです。

 

照明の色を上手く使い分けるアレンジ

c0c83179fc7184f34c08d1e5d0c422a1_m

照明は色でも非常に部屋の印象が変わります。

いくらすごいオシャレな空間を作り出したとしても、

照明一つでその部屋のインテリアや家具が生かされるかそうでないかが分かれます。

その為にはまず、照明における印象を把握することが大事ですが、

色は大きく分けて2つになりますがオレンジ色の照明と白色の照明になります。

オレンジはシックな落ち着いた雰囲気を出してくれ、白色はポップな明るい雰囲気出してくれます。

自分の部屋をどちらか片方にするか、もしくは気分によって行き来できるように

両方の照明を使って違う印象の部屋を作るか…アレンジ方法は沢山あります。

自分の住みやすい環境を作る為に照明色は非常に大事になりますので、

軽く考えずにしっかりと事前に決めておくことが大切です。

 

ブラックライトでクラブ風アレンジ

番外編ですが、もしもっともっとオシャレな雰囲気をだしたいという場合は

ブラックライトを点けるとクラブのような雰囲気にすることができます。

普段は通常の照明を使って夜はまた違った部屋の雰囲気にするのもおもしろいです。

 

このように、照明器具をアレンジするだけでも大きく部屋全体の雰囲気が変わってきます。

一番リラックス出来る部屋だからこそ、自分が一番いい空間にする必要があります。

少し変えてみればどれだけ変わるのかが解りますので、

まず軽く間接照明を取り付けてみることから始めてみることをオススメします。

柴木 正幸

ライター柴木 正幸

柴木 正幸の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

デザインのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!