不動産投資と暮らしの情報サイト

安く上げれば安全なのか?カギの交換とセキュリティが及ぼす入居者の心理

129 views 2016.1.3

9e17308d13d89a75ecd25c7fc2df0312_m

入居者がいて、初めて家賃収入が発生するのが、不動産投資のポイントです。

この関係は絶対であり、入居者がいない期間を少なくすることが、収益を最大化させる要因となるでしょう。

リフォームも、入居者を募るために重要な作業となってきますが、

なんでもリフォームすればいいというわけではありません。

逆にここだけはやっておかなければいけないというところもあるのです。

その典型となるのが、カギの存在でしょう。

 

セキュリティの問題と価値

部屋を借りるということは、そこが自分だけの空間となることを意味します。

セキュリティの問題ですが、ほかの人が、入居者の意に反して入ってくるような状況は、絶対に合ってはなりません。

そうなると、セキュリティを保つことはできなくなり、住居としての価値は急落するからです。

借りる側から考えた場合、安全ではない部屋を誰が借りるでしょう。

安全であるということは、ある意味では暗黙の了解でもあります。

そのために、最低限カギというものを考えておかなければいけないのです。

 

誰でも簡単に交換できるカギ

bba3550dc5b2f88c3e42677766ad6e00_m

一般的に、カギは自分でも交換できるようなものです。

リフォームの多くは、専門家に任せなければできないことも多いのですが、

カギはホームセンターなどで購入して交換することができてしまいます。

カギ専門店に交換を頼むと、1回で数万円かかることも珍しくはなく、自分で行えば、

それだけ負担を減らすことができるでしょう。

交換の仕方は、ネットで調べればすぐに出てきます。

品番を調べておけば、購入も簡単で、ネットでの購入もすることができますので、

どんな場所に住んでいても、手に入れることはできるでしょう。

同じ品番であれば、後から何か加工することもありません。

非常に簡単な手順で、水道の蛇口を交換したり、パッキンを新品に変えたりするのと、大差のない工程となるのです。

 

カギを交換することが入居者にプラスになるか

ef0f5150b3c3eda8e57e0a8a4b5f89b2_m

自分で行うことにより、専門家を待たずして交換することができるのは、大きなメリットとなるでしょう。

しかし、これでいいのかという疑問も持たなければいけません。

 

地方の不動産であれば、素人でも交換できるようなものでいいでしょう。

これが都市部であって、単身の女性もターゲットになるような不動産だった場合、

この程度がセキュリティと考えるかどうかが問題です。

最近では、簡単にカギを開けられてしまうケースも増えています。

誰もいないはずに自宅に、犯人が潜んでいて、

犯罪に遭ってしまったというニュースも効いたりすることがあるでしょう。

セキュリティということは、それだけ関心事になるのです。

 

そこで、高いセキュリティを誇ったカギを取り付けているということは、

室内のリフォームよりも大きなアピールになることがあります。

素人が交換できて、費用を減らすことができたとしても、入居者が納得できるものでなければ意味がありません。

リフォームの目的としても、ずれてしまったりしないようにすることが、カギの交換でも求められるのです。

 

これは、玄関だけではありません。

ありとあらゆる場所に対して、セキュリティが確保できるのかどうか、

カギといっしょに考え、リフォームすることが重要なのです。

三田 照正

ライター三田 照正

三田 照正の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!