不動産投資と暮らしの情報サイト

一人暮らしだからこそ出来る!ガーリースタイルで自分だけの空間を!

234 views 2016.1.3

a3d5d7c170fc08492cd3430bc18ff2e9_m

念願の一人ぐらしを始めることでまずやりたいと思うことは自分だけの空間を作ることだと思います。

自分の部屋なのでどんなインテリアを置いてもいいですし、家具も好きなものを好きな場所に置いてかまいません。

もっと言えば、カラフルな色合いの部屋にしたり、モノトーンでシックな部屋にしたり、

実家では出来ないようなアレンジで自由にインテリアも選んで、自分の満足のいく部屋を作り出すことが出来ます。

古い家でも狭い家でもその空間だけは自分色に染めて、

自分が一番落ち着く空間を作ることで生活に彩りを与えることで新しい生活が充実していくはずです。

今回はガーリースタイルで女の子らしい部屋作りの特徴をまとめています。

 

ガーリーって何?

そもそもガーリーの意味を知らないことには、

ガーリースタイルの部屋づくりも始められないと思いますので説明します。

ガーリーという言葉は英語でGirly、つまりGirlから来ている女の子らしいという意味が込められています。

これはファッションでも生活スタイルでもありとあらゆるものに使われていて、

例えばガーリーファッションなんていう言葉もあり、聞いたことがある方も多いはずです。

ただ、女の子らしいといっても意味は通じにくいので具体的に言うと、

例えば花柄だったり、レース、ギャザー、ペプラムといったようなものを多様に使用することであり、

柔らかいふわっとした感じを指しています。

とにかく、女の子らしいインテリアだったり小物を使って女の子らしい部屋作りをすることで

ガーリースタイルの空間が出来上がるということになります。

 

どこにガーリー要素を取り入れる?

a59e6947f8d0929a25348cdc352507b3_m

家具や電化製品など、全てのインテリアをガーリーにしたいとは言っても無理なところは無理ですので、

きちんとどこにガーリー要素を取り入れるのかを事前に考えておく必要があります。

さすがに、特注で全て頼むというわけには行かないのでそこは注意していてもらいたいのですが、

まず、ソファやクッション、ベッド用品にはガーリー要素を取り入れることが可能です。

また、カーテンなどのすぐ目に入るところも取り入れることができます。

そういった目立つところまずをガーリースタイルにするだけでも非常に大きく変わってきます。

また、テレビだったりの電化製品にはガーリースタイルの小物などをつけたりして、

それっぽく魅せることがポイントです。

 

ガーリースタイルの部屋にする為の色合い

6627d2a637dfd993197dea975034e071_m

基本的にオーソドックスなスタイルにするには白、淡いピンク、

ピンクを組み合わせることで女の子らしい部屋にすることが出来ます。

白を多めに入れることで清潔感もあり、そこにピンクが入ることでかわいらしさも強調されるのでオススメです。

色合いとは別にハート型のクッションなどを置くことでさらに女の子らしさが増して、

お姫様のようなお部屋になります。

また、欲を言えば壁紙もすぐ剥がせる壁紙なども最近では売られていますので、

そういったものでさらに部屋全体の空間をガーリースタイルで固められます。

 

女の子の多くは常にかわいいものを求めていますが、

こういった部屋作りがあるということも知らないとなかなか手は出せないものです。

やっぱりせっかく一人で住んでいるなら、それなりに好きなインテリアで素敵な住空間を作ってもらいたいので、

ガーリースタイルのお部屋に憧れている方は是非こういった空間を作ってみることをオススメします。

村野 美由紀

ライター村野 美由紀

村野 美由紀の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

デザインのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!