不動産投資と暮らしの情報サイト

家を建てる前に知ろう!建築工法と構造について

118 views 2016.1.3

日本の伝統的工法木造建築

b3b1ac18ea48755d58cb1c526bf47858_m

木造建築と言えば日本の伝統的な工法だと言えるのですが、現在でも木造建築の住宅はたくさんあります。

どのような建築構造であっても、必ずメリットとデメリットがあります。

では、木造建築にはどのようなメリットとデメリットがあるのかを見てきましょう。

木というのは強度が強いわりに軽いので、作業を行う側にとってはメリットだと言えます。

また、調湿作用があるので、家の中が極端に湿気だらけになるという事態をある程度防ぐことができます。

さらには自然の物を使っているので、他の建築構造に比べて温かみがあると言えるでしょう。

しかし、メリットがあればデメリットもあるので、

あらかじめデメリットを知った上で建築工法を選ばないといけません。

木造建築のデメリットは、白アリに弱いという点と、燃えやすいという点、音が漏れやすいという点ですが、

現在ではかなり改善されていますし、白アリが大量発生するような事態も殆どないでしょう。

保管もある程度湿気を調整できるものの、あまりにも高い湿度の状態が継続すると傷みやすいと言えます。

このような点を知ってから木造建築を選びましょう。

 

最近では最も多くなっている鉄筋コンクリート

87093ca4e0b9faa72c18661da1206f28_m

最近は鉄筋コンクリート構造の家が多くなっていまし、特に集合住宅の場合には、

大半が鉄筋コンクリートだと言えるでしょう。

そんな鉄筋コンクリートにも、やはりメリットとデメリットが存在しています。

鉄筋コンクリート構造のメリットは、やはり耐久性が高いことです。

しかも耐震性に優れているので、地震が多い日本で普及するのは当然だと言えるでしょう。

また、断熱性と気密性に優れているので、住みやすい住宅が作れます。

さらには耐火性にも優れているので、火事の防止対策としてはかなり有効的です。

しかし、全く火事にならないというわけではないので、十分注意しなければいけません。

他にも遮音性が高くなっているので、防音効果もあります。

逆にデメリットはどのようなものがあるのかというと、建築費が高いこと、結露が発生しやすく、

カビが発生しやすいという点があるので、しっかりと通気を行い、掃除も頻繁に行いましょう。

 

他にもたくさんある建築工法と構造

64621259a681e120ce6966341d86d391_m

よく知られているのは木造建築と鉄筋コンクリートですが、他にもいろいろな建築工法と構造があります。

比較的よく知られているのは、鉄骨鉄筋コンクリート、プレハブ工法、ユニット工法などでしょう。

この工法であっても必ずメリットもあればデメリットがあります。

常に家には誰かがいる人と、留守にすることが多いという人とでは、適している構造や工法は異なります。

特に重要視して確認する点は、耐久性が十分にあるのか、耐震性は問題ないのか、

耐火性は十分にあるのか、遮音や防音効果はどれだけあるのかという点です。

他にも確認するべきことはたくさんあるので、自分にとってどこが重要なのかを見極めることも大切になります。

他にもコストがどれぐらいかかるのかも大切でしょう。

三田 照正

ライター三田 照正

三田 照正の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ビジネスのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!