不動産投資と暮らしの情報サイト

原状回復可能?賃貸でも出来るプチリフォーム

251 views 2016.1.4

50c2351850cc80475fa9cb6994ed2b65_m

賃貸のアパートやマンションは補修が必要な部分などは退去する際に自己負担になることも多く、

出来るだけ入居した時の状態を保つことが最優先になってしまい便利にする為に自分で棚などの収納を作り付けたり、

お部屋の雰囲気を変える為に壁紙などを自由に変えたりすることは原則として禁止されています。

機能的でお洒落な部屋作りを賃貸だからと言って諦めている人も多いでしょう。

ですが実は賃貸でも壁などを傷つけることなく、退去時にも原状回復が可能な

プチリフォームの方法はたくさんあるのです。

 

壁に穴を開けなくても収納棚は作ることが出来る!

 

ここに棚があったらいいのに、もう少し収納が欲しいなど賃貸の場合は元々収納が少ないことや

自分たちのライフスタイルに合わせて作った住居ではないことから様々な収納に関する不満が出てくるでしょう。

ですがやはり壁などに釘やネジなどで穴を開けてしまうことが出来ない為、

棚などを取り付けることが難しくなってしまいます。

そこでお勧めするのが壁に穴を開けることなく棚を作ることが出来る専用パーツ、ディアウォールです。

2×4材の両端に取り付けて床と天井を使って、突っ張り棒の様にして設置するのですが

2本立てることで棚の軸にすることができ、見せる収納はもちろんのこと

床と天井がしっかりしているところなら押入れなどの中にも設置することが出来る優れものです。

2×4材は取り扱いが比較的簡単なことから加工もしやすく、

お部屋の雰囲気に合わせて塗装したりすることが出来るので場所や用途に合わせて

収納を作ることが出来るようになります。

 

貼って剥がすだけの手軽な壁紙リフォーム

f8f7e87577446c1f4270fb6bec0c01a1_m

壁紙を張り替えることでお部屋の雰囲気をがらりと変えることが出来るのですが、

壁紙の張替えと聞くと業者さんなどを呼んで今ある壁紙を剥がして更に新しいものを貼ってと、

多くの人が簡単には出来ない、いざ壁紙を張り替えてしまったら原状回復は出来ないと思うでしょう。

ですが最近では今ある壁紙の上から貼ることができ、

剥がさなければならない時には綺麗に剥がすことが出来る壁紙がたくさん販売されているのをご存知ですか?

中には100均にこういった壁紙を取り扱っているところなどもあり、経済的な負担も少なく済むのです。

壁の全体を変えてみたり、場所によっては一部を変えることで空間にアクセントをつけてみたりと

賃貸でも心配することなく簡単に壁紙を変えることが出来るようになります。

 

小物使いで空間の印象を変えよう

146b89a20afa0059f0bee0dc204abec3_m

壁紙や収納など簡単に出来ることはわかったけど、すぐに実践することが難しい。

でも少しだけ賃貸のお部屋の雰囲気を変えたいという人には小物をプチリフォームしてみましょう。

まずはスイッチプレートの交換です。

ホームセンターなどに行くとお部屋の証明のスイッチプレートだけが販売されており、

カラーやデザインなど豊富に揃っています。

スイッチプレートは簡単に外すことができ、退去時に元のプレートに戻すことで原状回復が可能です。

スイッチプレートを交換するだけでもお洒落なお部屋を演出することが出来るのでお勧めです。

また賃貸のアパートやマンションの壁が比較的殺風景なカラーやデザインのものが多いので

ウォールステッカーやマスキングテープなどでデコレーションするだけでも空間の印象を変えることができ、

これらは簡単に貼って剥がすことが出来るのでリビングや子ども部屋、

キッチンなどテイストやスタイルに合わせて飾り付けてみてはいかがでしょうか。

 

このように賃貸物件であっても十分にお部屋の雰囲気を変えたり、

機能的にしたりすることが出来るので是非挑戦してみましょう。

伊藤 登浩

ライター伊藤 登浩

伊藤 登浩の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

デザインのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!