不動産投資と暮らしの情報サイト

実は魅力が大きい!不動産投資は本当に投資先として魅力があるのか

141 views 2016.1.4

593d5553f22806ab0bc2196c002d2d06_m

不動産投資で生活できればというのは、ちょっとした夢でもあるでしょう。

誰もが一度は考えるものですが、利益ということだけを考えると、

FXなどのほうが利回りは高いのではないかと考えてしまいます。

リスクをどうとらえるのかという問題もありますが、不動産投資は間違いなく有効な投資手段なのです。

どのあたりが有効なのか、検証してみましょう。

 

不動産投資はなにが有効な手段なのか

906b365284321c12acb905672e45eff5_m

FXといった投資方法は、確かに有効な手段です。

大きな利益を生むことができることも確かで、小さな投資金額でも、

一瞬にして大金を手にすることもできるでしょう。

ただし、それだけ大きなリスクも抱えることになるのですから、有効なのかといえば、

そのハイリスクに耐えることができるかどうかになってきます。

安定的な収入という面でも、FXは難しい部分を持っているでしょう。

社会情勢などにも左右されますので、本当に多くのファクターが絡み合います。

 

不動産投資の場合には、FXの様に一夜にして巨大な資産が出来上がったりすることはありません。

収入となるのは、家賃や駐車場代金となりますので、そこまで大きなものにはならないでしょう。

利回りとして考えても、FXなどには到底及ばないのです。

その代り、長期的に安定して収入を得ることができるのは、不動産投資の大きなメリットになっています。

物件選びが確かであれば、長期的収入を望むことができるでしょう。

 

不動産というものは、その性格上、価値が一晩で半額になってしまったりすることはありません。

もちろん、家賃も数年たったら当初の半分になってしまうようなことも起きないでしょう。

こうした安定性は、リスクマネジメントに大きな影響を与えることは確かです。

そのため、不動産投資は、ミドルリスク・ミドルリターンと呼ばれています。

 

団体信用生命保険からもわかる安定性

5bf340d53240a717a5d51f37a094ac1c_m

もう一つ大事なこととして、大半はローンで購入することになるわけですが、

そこに団体信用生命保険がかけられるのです。

この保険は、あまり聞きなじみがないかもしれませんが、不動産のローン特有の商品になります。

 

ローンを組んで購入したりすることの大きなリスクとして、債務者がなくなってしまうことでしょう。

後に残された人が、多くのローンを抱えなければいけないことも出てくるからです。

これを防ぐことができるのが、この団体信用生命保険になります。

もしも、何かあった時には、残債がなくなります。

家族に対しては、債務のない物件を残すことができる保険で、不動産にだけつけることができる保険なのです。

FXなどの投資の場合、こうした保険は絶対にありえないでしょう。

それができるところも、不動産投資の大きなメリットになるのです。

 

ただし、とにかく儲かるというわけでもありませんし、FXをやっている人たちの様に、

一瞬で顔がにやけたりすることもありません。

非常に地道な投資ともいえますので、一発狙うという人には、向いているとは言えないのです。

その代り、地道な人には、かなり有効な手段であることは間違いないでしょう。

伊藤 登浩

ライター伊藤 登浩

伊藤 登浩の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ビジネスのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!