不動産投資と暮らしの情報サイト

上下左右から苦情のこない快適なマンションライフとは?

351 views 2016.1.4

d6fdce893a45a63a3f531f3810a2e4a2_m

隣の部屋の音が丸聞こえのアパートじゃあるまいし、現代のマンションで音の問題なんかあるはずないじゃないか!と思っている人はいませんよね?

残念ながら、今日この瞬間にも日本のどこかで音の問題でもめているマンション住民がいるのです。

そこで考えたいのが、上下左右どの部屋からも苦情のこない快適なマンションライフの実現なのです。

 

マンションの防音性遮音性は格段に向上しているけれど

とはいえ、いまではマンションの防音性能はかなりのものです。

80dbの大騒音を50dbの静かな環境レベルにしてくれるT-2等級の遮音性を持つ複層ガラスのサッシはもとより、

隣室との境界壁、上階と下の階をわける界床のコンクリートスラブの厚みを増やすこと、遮音材の導入などで、

落下などの衝撃音も含めて低減させる工夫が凝らされています。

ですので、普通に生活するうえでは滅多に騒音問題は起きません。

しかし、それだけ音が漏れにくい構造となっていると、

逆に音に対する注意が薄らぎ油断につながる面もないとはいえません。

その結果、ちょっとした苦情やトラブルを引き起こすこともあるのです。

自分は他の住人の出す音にいちいち文句をいわないし、多少のことなら我慢しているという人でも、

もしかしたら他の居住者に同じような思いをさせているかも知れません。

また、古いマンションであれば、ここまでの防音遮音性能を持っていないことも考えられます。

 

防音マットは簡単に出来る防音遮音アイテムの定番

b214bcdecae387d5cbba83bf137ad60e_m

万が一にも生活音でのトラブルに巻き込まれないように、自分でできる対策はとっておきたいですね。

一番簡単なのが、市販されている防音グッズの利用です。

フローリングの床に金属製の食器などを落としたときに出る音はかなり特徴的ですね。

金属製食器でなくても、物を落とすと結構ひびくものですし、子供が跳びはねるとうるさいものです。

こんなケースに役立つのが防音マットです。

硬いフローリングに比べてやわらかいマットの遮音効果は使う前から想像できます。

遮音マットにもいろいろありますが、予算をかけたくないという場合や売っている店が遠いなどの場合は、

100円ショップにあるタイル型のマットでもそれなりに効果を期待できます。

100均のマットは四方にパズル式のはめ込み用加工が施してありますので、

必要な面積分だけ枚数を購入して組み合わせれば、簡単に防音床のできあがりです。

小さなお子さんが遊ぶスペースに設置すれば、遮音効果だけでなく、汚れ対策にもなりますし、

転倒時の安全性確保の観点からもおすすめです。

ただし、日常的に振動をともなう音を出す場合は、それなりに高価なマットを用意すべきといえます。

 

使い方次第で役に立つ防音シート

少し大きな音を出すので階下だけでなくお隣への音漏れを防ぎたい。

そんなケースでは防音シートはいかがでしょうか?

防音シートは床にも使えますし、壁や建具に貼り付けるかたちで使えば、音の横漏れに一定の効果が見込めます。

ネックになるのは、室内のイメージを損ねる可能性がある点でしょうか。

そして、さらに上の対策をしたい場合には、

学校の音楽室や録音スタジオでお馴染みの穴の開いたボードを設置する手があります。

これ、有孔ボードと呼びます。

ほとんどの人はそこまでする必要もないでしょうけど、自宅でカラオケという趣味の人には必要かも。

注意したいのは、有孔ボードを壁に貼ればそれで防音効果があるというものではない点です。

そこがこの特殊な形状の建材のむずかしいところです。

使いたいときは自宅の状況に応じた適切な設置法を専門家に相談するのがよいでしょう。

 

気づいていますか!?人間関係が騒音レベルを下げるという真実

d9c5582622dc610ec0aa8b44d800efdc_m

さて、ここまでのお話からは、音漏れ対策といえばグッズの利用だと短絡的に考えそうになるところです。

でも、それだけでしょうか?

集合住宅で暮らす以上、大勢の赤の他人が同じ建物の中に存在するという状況を

深く理解する必要があるのではないでしょうか。

同じことをされてもセクハラと考える相手と、スキンシップと思える相手があるように、

音の問題も当事者の関係性で変わる部分は大きいはずです。

普段から友好的な関係を築いていれば、少々のことで感情を害することもないでしょう。

多忙な現代人はそこまで他人とかかわれないということであれば、

せめて悪い関係にはならないように注意しておくだけでも違った結果が生まれそうです。

お互い人間同士、相手を尊重する姿勢こそがマンションの付加価値を生み、

快適なマンションライフの実現に近付ける秘訣かもしれませんね。

柴木 正幸

ライター柴木 正幸

柴木 正幸の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

その他のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!