不動産投資と暮らしの情報サイト

投資時期を見誤らないことが重要!不動産価格が上昇するオリンピック

127 views 2016.1.4

9c6180cf37a217730affe01f8d02df32_m

東京がオリンピックを開催することになり、さまざまな利益を期待している人も多いでしょう。

その中で、エンブレムに関する問題があったり、いろいろとニュースになったりすることもありますが、

不動産投資ということも大きな転機を迎える可能性があります。

 

オリンピックで価格が上昇する要因

66cf48d9bc8adaa96ed6029828b93c21_m

投資として不動産を考えた場合、価格動向を考えなければいけません。

当然完璧な予測はできるわけではありませんが、ある程度動向を推測していなければ、

投資時期を見誤ってしまう可能性が出てきます。

 

わかっていることを整理すると、オリンピックが2020年に行われるということでしょう。

これは確定していますので、今更なくなることはありません。

次に、オリンピックということを発信した時点で、世界中から注目されることになるでしょう。

それも東京という名前が前面に出ていますので、東京周辺も含めて注目度が高まっていくのです。

これも間違いないことでしょう。

 

金融緩和政策が、どこまで変化するかということがあります。

消費税の増税も待っている中、いったいどんな緩和策を打ち出すのか、

物件の購入に大きな影響を与えることになるでしょう。

このタイミングを見誤ると、かなりの出費をしてしまうことになりかねません。

逆に消費税増税後にチャンスが出る可能性もあるでしょう。

 

そして、増税に合わせ、建築費は確実に上昇します。

資材費用が増加し、人件費も高騰することになるでしょう。

おそらく、数年は新築物件が影を潜めることになるため、

空白の時期が出来上がる可能性も考えておかなければいけません。

オリンピックによっても建築資材が手に入りにくくなり、相当な増加になることは確実なのです。

 

これから先の動向は

3eb710664273da3bbc041b9883fcba0e_s

こういった要因からも、投資対象となる不動産は価格の上昇は間違いないでしょう。

しかし、家賃は急激に上昇しませんので、利回りは下がることになるのです。

この変化は急激に訪れる可能性もあるため、価格変化の上限を制限する可能性も出てきます。

 

背景には外国人の注目ということもあることを忘れてはいけません。

日本の不動産投資だけではなく、海外からの投資の可能性も高まります。

賃料が安定している日本の不動産は、インカムゲインが安定しており、計算しやすい投資対象でもあるのです。

その中で、オリンピックが始まる直後になると、東京の物件は家賃も上昇する可能性が出てきており、

オリンピック終了後に売られてしまうような物件も出てくるでしょう。

 

こうした条件を踏まえて考えれば、早めの購入で購入費用を抑える時期を見極めなければいけないでしょう。

あまりに待ってしまえば、購入価格が上昇り、利回りを悪化させてしまいます。

上昇が始まる前に物件を抑え、インカムゲインを確保できる条件を整えることが重要となるでしょう。

実際に東京の不動産価格は上昇を始めており、増税前の駆け込み需要が出ています。

湾岸地区などは、かなりの上昇を見せてきているのがその証拠でしょう。

さらに、都心に対してアクセスのいい土地も上昇を始めました。

 

こうした上昇は、バブル以外の何ものでもないということも忘れてはいけません。

一時的な上昇は、確実に下落する道が待っています。

適正価格を見極める目を持つことも必要であるといえるでしょう。

伊藤 登浩

ライター伊藤 登浩

伊藤 登浩の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!