不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資始めるにあたって知っておきたい3つのポイント

128 views 2015.12.2

不動産投資がなぜいいのか

833f9b296ad1785cf6abd392c5b9308b_m

企業に就職し、仕事も慣れてきた30代の世代。

貯蓄はある程度はあるけどこのお金で老後に自分のしたいことをしながら暮らすことは難しいと考える人は多いと思います。

そのため巷では株投資の本やFXのハウツー本、アフィリエイトを勧めるメルマガなどが多数存在します。

しかしここで紹介したいのは不動産投資です。なぜ不動産投資がいいのかということをこれから説明します。

不動産投資とは簡単にいうと自分で不動産を選択し、購入後、そこを借りて住む人たちの家賃で利益を得るということです。

しかし普通の人が心配するのはそんなに大きなお金をかけても住む人が少なく、家賃収入を得られなければ意味がない、あるいは失敗してしまうと考えると思います。

しかし株の取引と比べて不動産は個人の力で成功することも失敗することもできます。理由としては株取引では個人の努力というよりは企業努力により株価が上がるものです。しかも証券会社などを仲介して購入したときは手数料もとられてしまいます。

FXなども流行していますが、あれは自分の資金にレバレッジをかけることにより、

大きい金額を動かすゲームで非常に動物的な勝負勘という天性のものが必要になってきます。

それに比べ不動産投資は一種の商売に近いところがあります。

自分で不動産を見つけ、それを整備して人に貸すわけですから地道な努力と勉強が必要になってきます。

しかし慣れて成功してくるとだんだんとコツがわかり、長期にわたって家賃収入という利益を獲得することができるようになってきます。

不動産を購入するときのコツ

0b4acff97deb3f6da87de494e8d3e893_m

不動産投資で家賃収入を得るために一番重要なことは空き部屋を作らないということです。

理想は賃貸者が部屋を出て行ってもすぐに新しい入居者が入り、空き部屋をなくす状態ができあがることです。

こうするためにはまずは建物の立地を調べ、設備を整える必要があります。これを一人で素人が探してもただの博打になってしまいます。

なので、ここでは専門家の力を借りるべきでしょう。今では不動産投資を専門とする会社はたくさんあります。

どこの物件がいいかなどを親身になって教えてくれるところが多いのです。一昔前にはなかったことです。

これによりリスクを少なく投資が始められるというわけです。

情報化が進んでいるこの社会で成功する鍵はその情報をいかにうまく操るかといっても過言ではありません。

購入の際の資金

7a8255da342a69ed5ad166ed354fcec3_m

マンションやアパートは何百万から何千万の買い物になります。個人でそんな余裕のある資金を持つ人は少ないでしょう。

なので、金融機関から借りてはじめることからスタートすることが大切です。

自己資金ではじめるより、お金を借りてレバレッジを掛けた方が利回りの面でよくなることも多いのです。

具体的には、はじめに3000万円かけて購入し、その後年間240万の収入を得ることと、自己資金で1000万円、

借り入れ金額が2000万円でその後年間240万円の収入のうち120万円を返済していき、

利益として120万円を得た方が、利回りの計算では上(うわ)になっています。

しかも借り入れ金額を返済しきったあとは240万円の収入が長期にわたりずっと入ってくるシステムを自分で作り上げたことになります。

しかも年間にかかる税金を還付金という形で受け取ることもできるようになるので節税対策にもなります。

これでプラス数十万です。だいぶ生活も変わってくるのではないでしょうか。

もしオーナーが亡くなっても保険を掛けていれば建物の借金は全てなくなり、

建物はそのまま個人の資産として残るので残された家族の資産にそのままなるのです。

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!