不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資は危険なのか?本当は安全で確実性の高い投資である理由

121 views 2016.1.4

79a40d58dddc689778c731a738d253be_m

投資というものの中でも、不動産投資はあまりメジャーとは言えません。

リターンが早くなく、じっくりと腰を据えて取り組まなければいけないということも多く、自己資産もかなり必要となります。

さまざまなポイントから、マイナー扱いされる不動産投資ですが、安全な投資であるという理由がいくつもあるのです。

 

FXの爽快感と射幸心そしてリスク

f7737a5274ddf397f6bce116eccab91c_m

不動産投資がマイナーで、敬遠されたりするのには理由があります。

自己資産の問題もありますが、何よりも敷居が高いというイメージがあるでしょう。

専門知識が必要となる部分がありますし、投資として考えるだけではなく、不動産として考えなければいけないこともたくさんあるからです。

そのため、失敗すると考える人も多いでしょう。

だいたい、そもそもどうして儲かるのかわからないといった人までいるのです。

確かに、利益を生むまでのステップが多く、難しい面もあります。

 

投資というと、単純明快でギャンブル的なものであると考える人もいるでしょう。

FXはその典型で、上がるか下がるか通貨の相対的な価値だけで行えます。

金利の高い通貨なら、利息がもらえますし、手数料もわかりやすいため、FXには人気が集中するのです。

ですが、射幸心をあおっているだけで、実はかなりのリスクをはらんでいるのです。

上がればもうかり下がれば損をするというのも、バクチ以外の何物でもありません。

失敗したときにリスクは、半端なものじゃないのです。

 

不動産投資はギャンブルじゃない

0da314e13c4114e3baffc10a7ac3a8dd_m

不動産投資も大きなリスクがあると思われがちです。

勉強しなければいけないことは多く、経営学まで含めていかなければいけません。

もちろん、不動産に関する知識を含め、税金まで知らなければ、どこまで利益が出るかもわからないでしょう。

時間もかかり、手間もかかるのも事実です。

簡単にいかないものとして認識されるのも確かなことですが、実は失敗しにくい側面を持っています。

 

たとえば、不動産という資産の性格上、いきなり変動したりすることはありません。

かなり緩やかですので、対策もしっかりととることができるでしょう。

同時に、資産価値がゼロになる可能性はほぼありません。

つまり、失敗したとしても、丸腰になり、身ぐるみはがされるような事態は起きないのです。

 

人間には、衣食住が必要であるということから、需要はなくなりません。

FXはなくなっても困りはしませんが、住宅はなければ生活できなくなるでしょう。

融資の返済さえ終わってしまえば、大きな資産であり、純資産として考えることができる点も忘れるべきではありません。

ビジネスとしてとらえた場合、ここまでの条件が整っていて、危険だと判断するでしょうか。

 

リスクマネジメントを考えた場合にも、即時判断が求められることはまれです。

いきなり降ってわいたような大きな利益を手にすることもありませんが、いきなり大損することもまずありません。

短期的に取引することは、宅建でも持っていなければできませんので、売買で利益を上げることはまずできないでしょう。

それだけに、家賃に特化し、安定した収入を確保できる可能性も高いのです。

ほかにもたくさんの理由がありますが、これだけでも安全性の高さを知ることができることでしょう。

不動産投資は、ギャンブルではないのですから、当然といえば当然なのです。

 

伊藤 登浩

ライター伊藤 登浩

伊藤 登浩の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!