不動産投資と暮らしの情報サイト

落ち着きを示す心理効果のある青をつかったマリンスタイルの住空間を!

199 views 2016.1.4

706cfb98fedd6c51479ccd7552aca2a9_m

家というのは最も落ち着く場所だという人が多いですが、そんな空間に落ち着く色である青を取り入れて癒しの住空間を作ることが出来ます。

さらに、ただ青を取り入れるのではなく、インテリアに取り入れることでマリンスタイルのお部屋作りにすることが出来ます。

自分の考えたアイディアや他の素敵なアイディアを取り入れて自分だけが落ち着ける空間を作ることをオススメします。

また、青という色がどういった心理効果を生むのかということもしっかりと把握すれば、さらに素敵な部屋を作ることが出来るはずです。

 

青色がもつ心理効果と意味

青色というのは視覚から入って収縮、後退、寒冷、鎮静というイメージをもたせます。

どうして、こういったイメージが出来るのかというのは、青色というのは空、海、水といったようなイメージが強いので繋がると思います。

自然に接する機会が多いものに関する色ですので、世界的に見ても青というのは好む人が多い色となります。

また、心理効果としては集中力向上、食欲や興奮を抑える、気持ちを静める、睡眠を促すといったようなものがあります。

せっかく家や部屋というのは自分だけの空間ですので、より落ち着ける場所にしたほうがいいはずです。

色々な青系統の色をつかって自分だけのマリンスタイルの空間を作ってみることをオススメします。

 

ネイビーを取り入れれば一気にマリンスタイルに!

ff6881fcdbc6a89df4c257698e9762a3_m

マリンスタイルのお部屋といえばネイビー色は外せない色になります。

マリンというのは海のことを差しますので海に近い色といえばネイビーです。

ソファーカバーやシーツ、クッションカバーなどもネイビーで統一することで一気にマリンスタイルのお部屋に早変わりです。

さらに、ただネイビーを取り入れるというだけではなく、ボーダーなどの模様も取り入れることでさらにオシャレな空間が出来上がります。

 

青系統で壁を装飾してマリンスタイルに!

b446d82eac763f4dcf881bcde20f4b0c_m

青系統の家具をそろえても、やっぱり気になるのは壁です。

壁に何もないと、全体的にもあまり青が強調されずに、少しオシャレな部屋というイメージになります。

そんなときは壁にアレンジを加えることがポイントです。

例えば、マリンアートのパネルなどを壁に飾ったりするだけでも部屋全体の印象はガラッと変わります。

また、今では壁の上からすぐにはがせる壁紙なども販売されていますので、そういったものの中で自分のイメージに近いものを探してみてもいいかもしれません。

もし、大きな家具などに青を取り入れることが出来ないという場合でも、壁だけを変えることが出来ればまた部屋全体の雰囲気も大きく変わります。

 

ダイエットにも最適な食卓にマリンスタイル!

ダイニングテーブルにテーブルセンターをしいて、さらにネイビーのランチョンマットなど組み合わせは自由にすることで食事をする際も落ち着くことができます。

また、青色というのは食欲を減退させる心理効果がありますので、食卓に青を取り入れることでダイエットにも効果があるかもしれません。

 

この他にも小物をつかってみたり、きっちんにも取り入れてみたりと色々な形のマリンスタイルのあり方を見つけることでよりよい住空間作りが出来るはずです。

マリンスタイルがイマイチよくわからないという方は、まず青色のインテリアなどを取り入れて見ることでなんとなくどんなイメージなのかを理解することが出来るはずです。

若林 愛美

ライター若林 愛美

若林 愛美の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

デザインのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!