不動産投資と暮らしの情報サイト

アラフォーは賃貸なのか?それとも不動産購入なのか?

320 views 2016.1.4

63dd50fb583b80f80c4854362d1823fc_m

最近ではアラフォーという言葉をそこまで耳にしなくなりましたが、以前はテレビや新聞でよく見かけていました。

アラフォーとは「アラウンドフォーティー」の略称で「40歳前後の女性を示す言葉です。

某アンケートを見ると30代後半から40代前半が該当するという意見が多かったです。

じつは、最近このアラフォー世代の不動産事情がネットで話題となっています。

30代から40代の独身女性となるとまだ結婚願望があるか、もうあきらめてキャリアウーマンとして生きていくか迷う時期です。

キャリアウーマンともなると収入も男性並みに稼ぐ人も多く住んでいるマンションは超高級とまではいきませんが、待遇の良さを感じられます。

アラフォーともなると先の事を考えると、ずっと賃貸が良いか、思い切って一戸建てや分譲マンションを購入した方が良いか迷う時期でもあります。

 

結婚願望のある方

結婚願望のある方は、やはり賃貸が良いでしょう。

とはいえ現在、交際相手がいれば良いですが、まだ見つかっていない方はちょっと微妙になってきます。

そんな方にオススメなのが不動産投資です。直接賃貸とは関係ありませんが、現在住んでいる家賃をしばらく払うにしてももったいないと感じるのであれば不動産投資をして入ってくる家賃で現在住んでいる住居の家賃を払ってしまうという考え方です。

アラフォー世代の方も多くの方が不動産投資を始めたり、あるいはまだやっていないけどセミナー等に参加しています。

ずっと家賃を払うのが嫌だと思っている人は一度不動産業者へ電話して話を聞いてみると良いでしょう。

 

結婚願望のない方

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_m

結婚願望のない方ですが、正直迷い所です。

一生賃貸に住むとなると現在払っているお金は悪い言い方をすると捨てるようになります。

そんな方には一戸建て・分譲マンションを購入する事をオススメします。

不動産を購入するとなると頭金が必要ですし返済計画も感がないといけませんが、アラフォー世代で独身を満喫されている方には高収入の方が比較的多いので預貯金もあるでしょう。

したがって勇気がいるかもしれませんが、頭金を入れて購入するようにしましょう。

購入してしまえば今払っている家賃で返済していけば良いのですから負担はほとんどないといえます。

 

老後の不安

604d99122553e0ff1c1ef5aea24c33db_m

アラフォーの時期は、自分が働く体力もありますし収入もあります。

しかし、人間誰でも年をとっていきます。結婚している方は、お互いが面倒をみる事ができますが、独身の場合は自分一人で老後を迎える事になります。男性でも女性でも60歳ぐらいで定年を迎えます。

もちろんその後嘱託社員や別の会社で安い給料を得る事ができますが、それまでよりは収入がダウンします。

老後は施設に入る事も視野に入れる方がいるでしょう。どちらにしても生活への不安は出てきます。

老後の事は、分からないという方は、一度不動産投資を検討されてみてはいかがでしょうか?

現在、高収入があるといっても20年先30年先は分かりません。

不動産投資であれば定着すれば毎月安定した収入を得る事ができます。

老後まで続けていれば資産を増やす事だけでなく老後の貴重な収入源にもなります。

不動産投資は簡単にいうとマンションの大家になるだけですから老後になってもできます。

老後の事を考えて今のうちから不動産投資の情報などを調べておきましょう。

マンションを購入しても借りる人がいなければ収入は入りません。

早い段階での準備をしてよりよい老後を迎えましょう。

田辺 昭義

ライター田辺 昭義

田辺 昭義の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!