不動産投資と暮らしの情報サイト

ちょっとしたことで大きく違う!簡単にできる部屋の模様替え

187 views 2016.1.4

どんなに気に入っていても、長い間同じ部屋で生活してくると飽きがきてしまいますよね。

「模様替えしたいけど、家具を動かすのは面倒で嫌だ」と思っている方も多いのではないでしょうか。

家具などを新調、移動できなくても、ちょっとした工夫で今までの部屋とは違った雰囲気にすることは可能です。

 

カーテンを変える

6f52ef64f4f66c086a5853512e24d2f5_m

カーテンは部屋の印象を大きく左右します。

カーテンが明るい色だと部屋全体も明るくなりますし、逆に暗い色だと落ち着いた雰囲気になります。

今まで使っていた雰囲気のカーテンと真逆のものを選ぶとがらっと雰囲気が変わります。

色や柄だけでなく、遮光性のものにするか、透過性のものにするかで部屋に入ってくる光の量が変わりますので、そちらも考慮するとよいでしょう。

 

ベッドやソファーのシーツを変える

2a0d9fbf00b5d348f6ec2f8c184443c9_m

カーテンと同じく、ベッドやソファーのシーツも部屋の雰囲気に関わってくるものです。

長年同じシーツを使っていたのなら、思い切ってあたらしいものを買ってみるのも良いでしょう。

シーツは直接肌に触れるものですので、肌に優しい心地よい感触のものを選ぶと、リラックスしやすくなりますよ。

シーツを変えるのが難しい場合は、小さなクッションなどを買ってみるのも良いでしょう。

 

観葉植物を置く

美しい植物は私たちの心を豊かにしてくれます。観葉植物や花を部屋に置くと、部屋が華やかになりますし、アクセントにもなります。

観葉植物の中には空気を綺麗にしてくれる効果もありますので、そういった点でもおすすめです。

植物を育てる楽しみもありますので、何かひとつ部屋に置いてみるとよいでしょう。

観葉植物というと大きい鉢植えのものを想像しますが、百均などに売っている手のひらサイズの小さなものでも部屋の印象を変えるのに十分です。

ただ、百均で売っている植物は元気のないものもありますので、なるべく生き生きとしているものを買いましょう。

 

部屋の照明を変える

模様替えというと家具や敷物などを変えることを考えがちですが、照明をひとつ変えるだけでもがらりと部屋の雰囲気は変わります。

白い蛍光灯は文字などがはっきりと見え、勉強や仕事などには適していますが、部屋でくつろぐのには向いていません。

リラックスするのに適しているのは、オレンジなどの暖色系の光です。

なので、仕事や勉強をする場所では白、寝室などくつろぐ場所では暖色系にするとよいでしょう。

もし今部屋の照明が暖色系なら、間接照明などを取り入れるとそれまでとは違った印象になりますよ。

 

マスキングテープを使う

efc1be03d14c72336a6b4e7da742f978_m

最近女性に人気のマスキングテープ。

いろんな種類の色や模様があって、みているだけでもたのしいですよね。

実はこのマスキングテープ、部屋の模様替えにもとても役に立ちます。

マスキングテープは家具に張るのもよいですし、壁に貼ってアクセントにするのも良いでしょう。

マスキングテープでイラストを描く方もいます。

壁にマスキングテープを張っても大丈夫かと不安に思われる方もいるかもしれませんが、マスキングテープははがれやすいので、賃貸の壁にも使用可能です。

そうしたところも人気の理由のひとつのようです。

田村 博美

ライター田村 博美

田村 博美の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

その他のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

人気記事ランキング

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!