不動産投資と暮らしの情報サイト

初心者でも失敗知らず。育てたい場所にあった草花を選んで植えてみよう

238 views 2016.1.8

29105e0f8167d99d256ec3fe96206fbf_m

ガーデニングに初めて挑戦するとき、とりあえず自分好みの草花を好きな場所に植えてキレイに仕上げたいと考える方が多いようですが、これだけでは失敗する可能性が非常に高いです。

それぞれの草花には適した環境がありますから、その環境に合わせて草花を選ぶと元気に育ってくれます。

これから育ててみたいと思う場所は庭、もしくは部屋の中、またはベランダという可能性もあるでしょう。

それぞれの場所にあった草花を選んであげてくださいね。

 

日陰でも元気に育つ草花たち

99c20f7e5b1317be4d1ec3d00924222a_m

特に庭先などは朝、太陽が昇ってから夕方陽が落ちるまで、天気次第では陽が当たらないという場所があるでしょう。

場合によっては太陽が出ていても一日じゅう陽が当たらないなんてこともあるのでは?

そんな場所で育つ草花はあるのか心配になりますね。

ご安心ください。陽が当たらなくても元気に育つ草花はいくつもあるのです。

アイビー 、キボウシ、アジュガ、オモト、ブルンネラ、イワタバコ 、エビネ、シャガ、ヤブラン、ツワブキ、プルモナリア、ユキノシタ、ハラン、ホトトギス、フッキソウ、コケ類、シダ類など。

 

半分日陰で育つ草花たち

一日のうち、だいたい2時間から半日ぐらい陽が当たる場所を好む草花たちもいます。

庭のある場所やご近所さんの家がある場所、壁などがあれば半日陰状態になる可能性は高いですね。

日当たりキラキラ良好ではなくても、例えば木漏れ日が一日中降り注ぐような場所も半日陰になります。

半日陰を好む草花たちは、アジサイ、クリスマスローズ、コリウス、ヒューケラ、インパチェンス、クレマチス、ジギタリス、ミヤコワスレ、キキョウ、ケマンソウ、スズラン、ラミウム、トレニアなど。

 

一日中サンサンと陽が降り注ぐ場所を好む草花たち

太陽の光を体いっぱいに浴びて育つ草花たち。時間にすると半日以上は陽が当たってほしいですね。

そんな場所を好む草花たちは、アサガオ、コスモス、デルフィニウム、ノースポール、ペチュニア、メランポジウム、ルピナス、ウインターコスモス、サルビア、ニーレンベルギア、バーベナ、ベロニカ、ホーチェラカ、キク、ジニア、ニチニチソウ、パンジー、マーガレット、ポピー、ストックなど。

 

育てやすいものから始めよう

bdcac3ddb3656965cd17114cc8d06707_m

最初から完璧なガーデニングをしたいと思っていても、やはり初心者にとって難しいことが山積みです。

実際に育ててみないと、どの草花がどういった状況でどんな風に育つのか分からないのが現状だからです。

日当たりもそうですが、与える肥料の種類や量、水の加減などによっても育ち方に違いがでてきます。

あまり難しいとガーデニングが楽しくなくなってしまいます。

 

そのため、育てやすい草花を植えることで「自分が一から育てるのは楽しい」という気持ちを最初に感じることが大事になってくるのです。

園芸ショップやホームセンターに行けば、季節問わず色んな草花が売られているので、上記で紹介した育てやすいタイプを選んで植えてみてはいかがでしょうか。

土いじりは精神的にも効果的と言われているので、自分のレベルに合わせてガーデニングを楽しんでくださいね。

いずれは上級者になれる日が必ず来ますから、あせる必要はありません。

村野 美由紀

ライター村野 美由紀

村野 美由紀の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ライフスタイルのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!