不動産投資と暮らしの情報サイト

人気の不動産を出来るだけ安く仕入れて高く足し出す裏ワザ

124 views 2016.1.8

現在の不動産事情とは

e9f4459d0f71eef57ca02a61256c799b_m

不動産投資をする場合、市場にどれだけ収益になる不動産があるかというのが大事です。

いくらたくさん投資をしたいと思っていても、それなりの不動産がなければ成立しません。

希望にかなう不動産を見つけるには、色々と情報収集をしなければいけません。

PCのインターネットかスマホからでも利用できる時代です。

希望にかなう不動産を見つけるのには、そう苦労はしないと思います。

探す前に、どのくらいの金額で、どんな間取りの不動産を欲しいかなど自分が欲しい不動産の条件をまずは決めないといけません。

条件が決まれば、不動産を探す作業になります。

ここは妥協しないで条件に合う不動産を、じっくりと探さないといけません。

条件に会った不動産が見つかれば、これからが大事なところとなります。

 

少しでも有利に購入するための不動産屋の選び方

ac76d8f70cc3404b711e90346e04c406_m

条件にあった不動産を見つけた場合には、それを取り扱っている不動産屋に行かなければいけません。

ただ、不動産屋に何も知らずに行くのは無謀です。

不動産屋の言い値で買わされてしまいます。

そうならないためにも、まずは欲しい物件と同程度の物件の情報を収集しましょう。

さらには、同地域の土地の価格や建物付きで同じ坪数の物件の情報があれば探してみましょう。

ほしい物件の周りの情報をしっかりと収集したら、今度は今欲しい物件の価格と照らし合わせてから、正当な価格かどうかを見極めてください。

正当な価格であれば、今度は、実際にその不動産を目で見て確認します。

インターネットの写真とは違うところが多々ありますので、その辺をじっくりと見る必要があります。

実際に物件を見る場合は、その周りにある建物や住んでいる人がどんな人なのかをしっかりと見てください。

不動産はあくまでも借りたいという人に貸すものなので、借りての立場で見る必要があります

借りての気持ちで実際にその物件を見ることが大事です。

ここまで調べて始めて不動産屋に行き、内部を見せてもらうことにします。

購入することを選定で値交渉を初めていきます。

ある程度の知識を持っていますので、値交渉でもこちらの有利な展開に持っていくことができるはずです。

公開価格で購入してはいけません。

かならず、値下げ幅を持っていますので、その値下げ幅ギリギリまで話を持っていくことです。

最終的に最低金額で不動産側は売っても損はしないので、相手の出方を見ながら値交渉をしてください。

 

 

購入した不動産に付加価値を付けるには

5c8f537be77a6f07872f3bb8f03e1284_m

契約が成立して、実際に自分の手元に入ったら、まずはリフォームをしてください。

そのまま貸出しても、簡単には借りてはつきません。

借り手をつけたいのであれば、限られた資金でできる限りリフォームをしてから貸し出すことが大事です。

一番しなければいけないのは、水周りです。

水回りをきれいにするだけで、借り手の付く確率が一気にあがります。

 

田村 博美

ライター田村 博美

田村 博美の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!