不動産投資と暮らしの情報サイト

多年草と一年草? 種と苗? ガーデニング初心者にオススメなのはどっちなの?

449 views 2016.1.8

ガーデニングを始めるときにお店で寄せ植えポットを購入しますが、何も知らずにお店に行くと「一体どれが育てやすいのか分からない」と戸惑う方は少なくありません。

初心者なりに基礎知識を持ってから購入することをお勧めします。

「多年草と一年草」「種と苗」について学んでいきましょう

 

多年草って何?

f3750605381434724f00b1adea56728a_m

多年草というのは、一度植えれば枯れない限り毎年花を咲かせるタイプの草花をさします。

ガーデニングのときに軸となる草花になるため、季節ごとに咲く花を色々取り入れれば、常に花が咲いている色とりどりの庭造りが可能になるのです。

手間がかからないという点でいうと、ガーデニング初心者にとって育てやすいと言えます。

株分けをすることも可能なので、少しずつ株が大きくなってきたら、株分けをして他の場所にも植えてあげるとどんどん庭が華やいでいきます。

まさにガーデニングの醍醐味ですね。

 

一年草って何?

94dbf2dd74be1ba5c728242e07d84fde_m

一年草というのは、寿命が1年から2年育つタイプの草花をさします。

花が咲き終わると枯れるため一年草と呼ばれているのです。

ただし、花が咲いている時期が長いため、季節ごとに花満開のガーデニングを堪能することができます。

花の種類や色がたくさんあるので、季節ごとに自分がイメージする庭造りにこだわりを持って楽しむことができます。

多年草を軸にして、その周りに一年草を植えるというスタイルなら初心者の方も簡単に庭造りができることでしょう。

それぞれの特徴が分かれば、どんな多年草にどんな一年草が合うか徐々に分かってくるはずです。

特徴を理解して毎年自分の理想を形にすることがガーデニングの中でももっとも楽しいと感じることのできる瞬間ではないでしょうか。

 

種から植える? それとも花苗?

2f29b566d852524b3d312896a90b5679_m

種から育てるメリットは、一度にたくさんの種を植えることができるので見た目にもゴージャスな仕上がりになります。

一から育つ様子を見ることができるので、花を咲かせる日までワクワクするのも癖になるのだとか。

ところが、何も分からない状態で始めた初心者の方にしてみれば、それが雑草なのか芽なのか判断できないという困った状況になる可能性も捨て切れません。種から育てて発芽させる、移植から定植させることを考えると、種から育てるのはもう少し後でもいいですね。

 

やはりまずは「楽しむこと」これが一番大切なことです。

花苗ならその季節ごとにピッタリなものがお店で売られているので、あとは買ってきて植えたいところに移し変えるだけでOKという手軽さが何より初心者のガーデニング欲を沸きたててくれます。

お店で「どんな苗を買おうかな」と花の形や色を見ながら選ぶのも楽しみのひとつになりますよ。

中には、一度買ったけれどどうしても買い足したくて何度もお店に通ったという方もいるぐらいです。

 

花苗はインターネットショッピングを利用して購入することもできるので、お店の場所が遠いという場合はネットショッピングをご利用ください。

家に居ながら花苗が届くのは便利ですね。

また、近所のお店では売ってなかった種類の花苗を見つけることもできるので、時間を見て園芸ショップの通販サイトへアクセスしてみましょう。

若林 愛美

ライター若林 愛美

若林 愛美の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

その他のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

人気記事ランキング

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!