不動産投資と暮らしの情報サイト

大損しないための不動産投資術!投資のプロが不動産を見るときのチェック項目はどこ?

127 views 2016.1.8

見るべきチェック項目が違う?

37d9b9ba6b60c8ec8a732c40cc26277d_m

不動産の投資に力を入れているプロ(と読んでも差し支えない人)がいる一方で、まだ不動産の基礎的な部分もよくわかっていないアマチュア(まだ投資年数も少ないの人)もいると思います。

その両者では、それぞれ物件に対して見るべき項目が異なります。

後者の場合は、不動産を見た時に外観とその費用などの部分がまず目につきます。

実際に訪れたときには見た目の構造や風貌以上のモノを感じることはありません。

しかし、前者のすでにプロという段階で呼ばれるのが妥当であるような人たちは、それ以外のいろんな部分を見ることができています。

そして、一番に注目する場所がそもそも一般人とは違うのです。

 

どんな違いが見えている?

その不動産に投資すべきかと考えた時に必死になってこの物件の価格はこうでとわざわざ確認することになりますよね。

慣れない人はそれで精いっぱいになってしまって何が大事なのか、不動産会社の人に話を聞いても金額的なことやローンの話ばかりではっきり分からないことが多いです。

でもプロが見たときに、その物件の周囲の環境やいま置かれている状況などを正確に見極めます。

物件にはそれぞれどんな場所に建設されて土地の大きさは何坪で、それが今住宅街やその周辺に展開されているお店や施設がどうなのかということまで含みます。

 

購入すべき物件?

d6fdce893a45a63a3f531f3810a2e4a2_m

それがその不動産にとっていいのか悪いのか、購入すべき物件か、いまはまだ手を出さないほうがいいのかなどを総合的に判断しているわけですよね。

それがたとえ購入を判断する対象となる物件でなかったとしてもこのマンションは空室が多くて環境も微妙だから手を出さないほうがいいとか、ここはよさそうな物件なのに、外装や内装が悪いからこう改修したほうがいいとか自然とわかるものです。

これができるかどうかに加えて、不動産業界内での変化をとらえて定石をきちんと網羅している人はまさにプロと言えるかもしれません。

不動産鑑定士などそれを仕事としたプロもいますが、投資とはまた違う観点です。

とはいえ、出来るならばそのチェック項目も参考にするのはよいかもしれません。

 

建築物件次第で銀行が貸してくれる額に差がある?

133575669a99f72a77f3c73862b4d3e8_m

これは一般にはあまり知られていない部分でもあるのですが、銀行が不動産投資用に貸してくれるローンにもその建物によって違いがあります。

この「違い」というのが重要で、それこそが木造なのか鉄筋なのかということです。

そして鉄筋の方が額を高く設定していることがあるので貸してくれやすいわけです。

 

分譲ワンルームマンションの扱いをどうするか?

都心には毎年、建築予定のビルやマンションが建てられていると思います。

あれってどうしてなんだろう?と周囲に住んでいる人は思うかもしれません。

初めから買い手がついているものばかりではなく、むしろ後から物件を売ることが前提です。

というのも、不動産をしばらく扱っている人たちからすると、分譲のワンルームの利益には、あまりうまみがないのに非常にたくさんの売却物件があるからです。

とはいえ目的によってそれをあえて購入する人は意外と多いですが、それは経験豊富な人がやっている場合もあり参考にできる人は限られています。

それなのに、広告には良いことを強調して購入者を増やそうとしていたりすることで、まだまだ経験の浅い人が謳い文句に引っかかって買ってしまうことがあるのです。

するとなかなか入居者も決まらず、不動産の価値が激減して大損になることさえあり得るでしょう。

もし、近いうちに不動産会社が進めてきたら、ワンルームマンション(特に新築物件)は要注意です。

狭山 亮介

ライター狭山 亮介

狭山 亮介の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!