不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産業者が教える!情報収集テク

115 views 2016.1.12

プロだから知っていると言う専門的見解は結構あるものです。

特に不動産投資は、多額のお金が関わることですから、とても慎重ですし、素人判断だけでは、リスクが高くなります。

そこで、不動産業者のプロが教える、物件情報収集のテクニックを紹介しましょう。

 情報源について

fa9ce01ed335c824e9fbf0ed9a20ea30_m

私たちが、主に物件を探す情報源は、チラシや情報誌、ネット等ではないでしょうか。

いち早く最新情報をゲットしたいのであれば、やはりネットの更新はリアルであり、お勧めです。

24時間いつでも好きな時に調べることが出来て、思わぬ好物件に遭遇することもあります。

便利なのですが、中には間違った情報に出くわす恐れもあるので、十分注意が必要でしょう。

勿論、地域に密着した情報誌やチラシも、大事な情報源なので、ポストに投函された物件チラシや無料情報誌等も逐一チェックしておくことをお勧めします。

 

不動産広告の見方

せっかくの情報源であるチラシ等の不動産広告も、しっかりとした見方をしないと、意味がありません。

世の中にあるチラシや情報誌は、宅建業法により、不当で紛らわしい表記は禁止されています。

広告記事は限られているので、全ての情報を開示することは難しいのが現状です。

その為、広告だけで全てを決めてしまうのは、とてもリスクが高いのです。

所在地、駅等までの距離、敷地面積と言った立地条件から、部屋の間取り等、最低限の情報が記載されていることは絶対条件であり、あまりにも情報に乏しい広告は、単に集客したいと言う気持ちの表れなので、出来るだけ避けた方が良いでしょう。

 

不動産用語を調べる

754e13ff17a2c9c64880c948ed132ee9_m

いくら素人による投資だからと言っても、やはり専門知識は必要です。

不動産を購入するには、不動産業者の力が必要になってくるのですが、だからと言って、全てを任せてしまっていたのでは、良くありません。

問い合わせや打ち合わせの際に、専門的な知識があるのと無いのとでは、全然違います。

もしも、知識があれば、良いコミュニケーションを取ることができ、有利な商談を成立させることが出来るのです。

不動産の専門用語は、ネット等でもすぐに検索できますので、少しずつ覚えておくと良いですね。

 

まとめ

86c0f9226667620106f6419b1357da30_m

不動産物件の収集は色々ありますが、大事なのは、ネットやチラシ等で情報収集した内容をデータ化し、エクセルやワード等にまとめておくことです。

後々で、比較がしやすいからです。

物件の情報から、周辺地図等もダウンロードしておき、価格や面積等の情報も入力、最後に仲介業者名と連絡先を記入して、印刷して、打ち合わせの際に持って行くと、分かりやすくて便利です。

又、実際に物件を見た際の評価等も付け加え、その評価を比較することで、より良い物件情報との商談が成立することでしょう。

ただ単に情報を集めるだけでなく、きちんと整理することも大事なのです。

とにかく多くの物件情報を集めること、そして、その物件を実際に目で見て確認することを忘れないようにしてください。

狭山 亮介

ライター狭山 亮介

狭山 亮介の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ビジネスのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!