不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資の入門はこれ!大家になるためのステップと賃料収入を得るまでの流れ

126 views 2016.1.12

大家になれるのは?

2e9eeb86e19601081c8a9365b7b2f7c2_m

不動産投資を始める人のほとんどは、大家として賃料収入を得ることにとりあえずの目標があるわけですよね。

そこから、一攫千金を狙うのか、安定収入にしたいのか、それとも不労収入に変えて投資家としての道を進むのかで違うと思います。

ではまだ不動産投資について右も左もわからない人が、実際に家賃を得られるようになるまでにはどんなハードルが立ちはだかっているのでしょう。

そんなわけで大家になって家賃収入を得られるまでの流れを簡単に押さえていきましょう。

 

まず全体を見ると、『銀行から借りる→物件を購入→契約・登記→改修・リフォーム→入居者募集→家賃回収』のように、これが大まかな流れとクリアすべきステップとなります。

 

大家になる最初のステップは?

大家になりたい人って、自分は大家だからと宣言すればなれるものではありません。

賃貸できるだけの不動産を所持していることは大家の前提条件みたいなところがあります。

そのため、最初のステップとしては損失を出すことを考慮に入れつつ、人に貸せるような物件を購入しなくてはいけません。

となると問題は数千万円の相場が当たり前の不動産市場の中で物件を購入することができるだけのマネーをどうするかでしょう。

そして、この問題を解決するために、多くの大家は銀行に不動産を購入するための資金を貸してもらうのです。

ようするに、その銀行の審査を通るだけの社会的な信頼を持っているかが第一関門であり、ほとんどの人が不動産投資のスタート地点となるわけです。

これが通れば最初のステップはクリアしたも同然です。

 

次のステップは、物件を判別すること

5d2c2c381cabb0094a3c403f0b80aad9_m

日本の不動産、いやたとえ世界中の不動産のどれかを購入することになったとしても全く同じ物件は存在しません。

必ずどこかに違いがあって、登記されている情報も必要となるだろう利用目的もそれぞれ違ったものになるでしょう。

マンションの分譲でさえ同じようでも、部屋の位置の違いや内部の造りで異なるのですから、一軒家やテナント、更地の土地であってもです。

その千差万別の物件から一つの物件を絞るわけです。

これが上手くできるかで大家としてのステップをクリアできるかが違ってきます。

もちろん、何でもいいから購入してしまえということもできますが、物件購入資産をドブに捨ててローンを残すだけの覚悟があればどうぞやってみてください。

ほとんどの人はそんなのは嫌だから、なるべく失敗せずに大家としてやっていける物件がいいわけですね。

これを判断するには、選別するポイントを押さえて物件情報からよさそうなものを絞り出すことです。

これが答えになるような方法がないため、後は経験や運などが絡んでくるでしょう。

そのため、ハードルは低いものの、一番難しいステップかもしれません。

 

ここまでくれば後はスキップできる

31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8_m

不動産投資の場面で、最大の難所を越えられたのならば、もう後は契約して必要経費から改修や修繕を行うことによって貸せる物件に変えることです。

それを武器に、入居者を探し、一人でも入居してくれれば家賃収入は発生します。

ただし、完全に経営・管理を自前ですることが前提なので、サブリースのように間に管理会社が挟まれると少し事情が違ってくるでしょう。

 

柴木 正幸

ライター柴木 正幸

柴木 正幸の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!