不動産投資と暮らしの情報サイト

不動産投資は一軒家とマンションはどっちがいい?マル秘情報

145 views 2016.1.12

不動産投資をする前に注意が必要

93293927302ffaef5ee54ece9785e0b6_m

不動産投資をするときに、色々と悩みます。

その中でもマンションにするのか、一軒家にするのか迷うところです。

資金的にマンションでも一軒家でもあまり変わらない場合に、どっちにしたほうがいいのか迷った場合はこちらを見てから参考にしてください。

投資として考えた場合の違いを見てみます。

自分が住む場合と投資として考えた場合では全く違います。

投資目的の場合は、住むことを考えてから購入する家を決めてはいけません。

長期的にどちらが支出より収入の方が多くなるかを考えたほうがいいと思います。

 

不動産投資にはマンションがお得

 

不動産投資と考えたら、マンションの場合は、土地の評価はほとんどありません。

どちらかというと建物の居住性や設備、あとはセキュリティー面で評価されますが、その場合は非常に最高のものが作られています。

そんな中で、対象の不動産をどんな人に貸すのかということが大事になります。

ファミリー向けに貸す場合は、一度借り手が付くと長い年月借り続けてくれます。

学生を相手にする場合であれば、最大で4年間、早ければ1・2年で直ぐに退去して別の借り手を見つけなければいけなくなります。

この場合はファミリー向けをターゲットにしたほうがいいように思えます。

ほんとうにそうでしょうか、それは最後に説明いたします。

 

不動産投資には一軒家がお得

cf56b5d395607c64eb6f46220f340095_m

不動産投資をする場合に一軒家で考えてみましょう。

立地条件としては、駅に近いところに建っているとは思えません。

場所としては、団地の中で、周りの環境には子供を育てるにはちょうど良く学校や病院など育てるには一番いい場所ではないでしょうか。

環境的には一軒家が一番いいのです。

ファミリー向けに貸出をするのであれば、間違いなく一軒家が理想的です。

 

サラリーマンが不動産投資をするにはどっちなの

2e9eeb86e19601081c8a9365b7b2f7c2_m

ここまでファミリー向けに不動産を貸し出すことで、不動産投資がうまくいきそうな感じはします。

家族向けの貸出をするには、一軒家かマンションでも3LDK以上の物件を購入して貸出したら非常に利益が出そうです。

ただ、ここで疑問点があります。

儲けることばかり考えて、借りる側の気持ちを考えていないように思えます。

いまの低金利時代、一軒家でも分譲マンションでも一緒ですが、借りようと考える人が同じお金で一軒家かマンションを購入できるのであれば、どうすると思いますか。

同じお金で購入できるのです。

私だったら、家を買う方を選びます。

ということは、いくら一生懸命にファミリータイプの家を貸出しても、借り手がつかないということです。

借り手がつかないような不動産を購入しても、1円にもならないということです。

そうなると、1人用のマンションかアパートを購入して貸出をしたほうが収入はあがります。

1人住まいの場合は、学生か独身の男女ということになりますので、そこまでの長い年数の入居は期待できません。

その辺が不安ですが、そこは不動産屋に任せるしかありません。

狭山 亮介

ライター狭山 亮介

狭山 亮介の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ビジネスのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!