不動産投資と暮らしの情報サイト

物件情報を上手く収集するポイントとは?

197 views 2016.1.12

b4779a33543ca993589e3ffcf4c74297_m

不動産投資を始めるにあたって、まず大事なのは、自分が投資したい物件を探すことです。

多くの人が利用出来るように、利便性に富んだ物件を探すことがポイントですが、では、具体的には、上手く物件情報を収集するポイントは何なのでしょうか?

 

信頼できるパートナーを探す

物件は、個人的に探すのではなく、不動産会社を通して、自分の希望に合った物件を探すことになります。

つまり、信頼できるパートナーとは、この不動産会社であり、その為には、自身がより信頼のできる優良な買主となることが大事な要素です。

単に、「良い物件が欲しい」なんていう漠然的な理由では、なかなか良い物件を回してくれないのが現状なので、より信頼できる、そして相手にとっても、こちらを信用してもらえるように、お互い信頼関係を築いていけるように、こまめに足を運ぶと良いでしょう。

 

色んな会社を回る

とにかく情報収集ですから、多くの不動産会社を回って、よりよい物件を探すことがポイントです。

靴の底をすり減らすまで回って、その中で最も条件の良い物件を候補にすることが、失敗無く、投資出来るでしょう。

物件情報の資料には、徒歩何分と書かれているのですが、これは正確性はなく、必ずしもそうとは限りません。

坂道とかも計算されていないので、やはり自分の目と足で確かめるしかないのです。

つまり、多くの不動産会社回りとともに、その物件がどういった立地条件の元に立っているのか、実際に自分の足で確かめてみることも大事です。

実際に物件を見ることで、より具体的に、イメージしやすくなります。

 

間取りをチェック

42b1fa7e31c69818fc32692d466dd279_m

いくら、立地条件が良くても、間取りが良くなければ意味がありません。

物件情報でよく見かけるのは、3LDKや2DKですが、Sが付くこともあり、これは納戸で、採光が当たらない部分においては、このSマークが付きます。

他にもウォークインクロゼットや書斎等もありますので、募集の際の魅力的なPRとなってくれるでしょう。

細かい間取りについては、しっかりと業者に確認をして、分からない点については、後回しにせずに、その場で質問するようにしてください。

 

ネットで検索

34ced23d9d616c8ebbc6a5dd306a4d72_m

実際に自分の目で見ると言うのは大事な要素ですが、まずは多くの情報を得ることが大切であり、それにはネットの力が必要です。

ネット普及前は、チラシ等の情報しかありませんでしたが、最近はネットで、しかも情報鮮度は高い為、今欲しい物件をリアルに探すことが出来ます。

情報ゲットも家のパソコンですぐに閲覧できますので、わざわざ足を運んだのに、すでに売却済みだったということがありません。

勿論、ネットで探した気になる物件があれば、直接見に行くことは大事ですが、まずはネットで多くの物件を探すのが、効率的と言えますね。

 

まとめ

不動産業者の中には、上手いキャッチコピーによって、集客している所も多いのですが、完璧や抜群、格安、最高、日本一、希少と言った言葉を使うことは禁止されています。

その為、こういったPRがされている物件情報は、若干怪しいですし、その物件を取り扱っている会社も、信用性に欠けると判断しましょう。

まずはネットで探し、そして気になる物件は、自分の足と目でしっかりと確認すること、これが、より良い物件選びのポイントなのです。

 

千代田 健二

ライター千代田 健二

千代田 健二の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

不動産投資のランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!