不動産投資と暮らしの情報サイト

本業だけでは不十分?副収入をがっつりかせぐマンション経営の仕組み

180 views 2016.1.12

2a1f989f62f104d7d6ccd197414eafd5_m

本業の収入だけでは十分に貯蓄が出来ないと感じている人も多いでしょう。

長引く不況や増税などによって日々の生活が不安であり、更に将来のことなどを考えると頭が痛くなってしまいます。

そこで自己資産を増やす目的で行なうのが投資であり、株や為替、先物などが主流ですが、もっと安定した収入を得ることが出来るのが不動産投資であり、その中でも注目されているのがマンション経営なのです。

サラリーマンでも土地や自宅なしで比較的少額で始めることが出来るので、本業とは別にマンション経営で副収入を考えてみてはいかがでしょうか。

 

マンション経営とは

マンション経営とは簡単に言うとマンションやアパートなどの大家さんになることです。

マンションやアパートなどの物件を購入して第三者に貸し出すことによって賃料を得ることが出来るのでこの賃料が副収入になるのです。

物件を購入するお金なんて・・・と思う人も多いでしょう。

物件を購入するにはそれなりの額が必要になるのである程度の頭金を用意することで銀行などから借り入れることが出来ます。

これでマンション経営に必要な投資資金の確保が出来るわけです。

この資金で物件を購入して入居者が決まれば投資収益を確保することが出来ます。

物件によっては大家さんの変更という形でオーナーチェンジとなる物件もあるので、こういった場合には既に入居していることが多くなります。

仕組みとしてはとてもシンプルなので投資資金と投資物件さえ確保することが出来れば十分に副収入を得ることが出来るでしょう。

 

物件の購入が価値ではない

37d9b9ba6b60c8ec8a732c40cc26277d_m

マンション経営をする際によく勘違いされるのが物件の購入に価値があると思われる点です。

マンション経営の場合は物件そのものの価値ではなく、その物件に入居者が入って治療が発生することで初めて価値となるので、土地や建物の価値ではなく賃料が入ってくるかどうかが価値になるのです。

つまり入居者の確保が出来ない物件は価値を見出すことが出来ない不動産になってしまうのです。

こういった不動産は負動産と呼ばれることもあり、実際のマンション経営でこういった負動産を掴まない為の能力や知識も必要になります。

 

マンション経営に必要な能力とは

f2f5514824048dc52f0f46cb35517110_m

入居者を確保することが出来ることがマンション経営をする上での物件の価値であり、実際にこういった価値のある物件でマンション経営を行っていくにはある程度の能力は必要になるのではないでしょうか。

 

投資資金を確保する能力

空室が出来ない様な物件を探す能力

出来るだけ購入などにかかるコスト抑えることが出来る能力

空室を作らない能力

家賃の設定を一定に保ちながら入居者を確保出来る能力

 

などマンション経営にはこの他にもたくさんの能力が必要になるでしょう。

こんなことを聞いてしまうとなかなかマンション経営に手を出せないと思う人もいたりします。

ですがマンション経営をしている人の多くが最初からこうった能力を持っているわけではなく、最低限の知識からでも十分に始めることができ、実際に経営をしながら一つ一つ経験することで身についてくのではないでしょうか。

米田 幸平

ライター米田 幸平

米田 幸平の記事一覧を見る

キーワード別関連記事

ビジネスのランキング

ランキング一覧へ

Facebook Share Twitter Share Google+ Share B!bookmark

初心者向け

不動産投資用語

セミナー

注目のキーワード

不動産投資用語解説

新着記事

PR広告

初心者向け初心者向け

おすすめおすすめ

オススメ記事

PAGETOP

+Osh!メンバーに登録すると
以下のコンテンツをお楽しいただけます!